今週の気になったモノと買ったモノ(12/10 – 12/16)

今週気になったり買ったりした、PC・ガジェットからクルマ、カバンなどをメモ変わりに3つ程度ピックアップしてエントリーとしてまとめておきます。



Amazon Echo Showがやってきた

予約してあったAmazon Echo Showが到着しました。
初期セットアップを済ませた程度です。使ってなくてもニュースが画像付きで画面に次々と表示されていくので、スピーカーだけのものよりも役だっている時間が多い印象です。これは画面も付いているメリットですね。
あと、スピーカーとの違いと言えば「ニュースを見せて」と言うと、NHKのニュースは動画付きで表示されますね。

Echo ShowはPhilipsのHueのブリッジが内蔵されているので、さっそく電球を購入して定型アクション機能を使って、決まった時間に電気を点けて、光量を変える使い方をしています。また、定型アクションと同時に、実行内容をAlexaが話すようして、何が起きたか音声でフィードバックするようにして使っています。

カルロス・ゴーンの後継者選び

権力闘争の構図が分かりやすくなってきたのは、メディアにとっては良いことでしょうか。(笑)

カルロス・ゴーン氏の後継者にトヨタ副社長が有力 日産社内に「反西川体制」の動きか|ニフティニュース
仏ルノー新会長に、カルロス・ゴーン氏以上の剛腕経営者が就く可能性が出てきたよう 仏政府はゴーンの後継者選びに着手し、トヨタのディディエ・ルロワ副社長が有力に 日産の外国人役員の中には、西川広人社長に不利な情報をリークする幹部もいるという

ゴーンの後任人事を委員会で決めるなど、素人目に見てもなんだか理解できない状況でしたが、筆頭株主であるルノーの意向をできる限り弱める策だとすれば、無理な話なので愚策のようにも思えます。

記事もあるように、次章は西川社長への逆襲劇なのかもしれません。
クルマではなく権力とお金が好きな人達のゴタゴタが、短期的には現場に影響しないかもしれませんが、人材が流出するなどジワジワと利いてくるように思います。たとえば、4年先を見た時に日産は競争力がなくなっているかもしれません。

LSPX-P1のファンノイズ再検証

YouTubeに公開している動画のコメントで、いまの撮り方では分かりづらいとの指摘を頂いたので、もう一度、動画を作成してみました。新旧公開しているので、合わせてご覧ください。

コメントを頂いた動画がこちらです。

LSPX-P1 Fan noise

そして、新たに取り直した動画がこちらです。

SONY LSPX-P1ファンノイズを検証 2 回目

最初の動画と比較すると今回の動画は撮影・編集環境が違うので、見やすくはなっているかと思います。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい