CaseologyのiPhone XR用ケースをレビューするぞ

記事をシェアする

株式会社MSC様より、CaseologyのiPhone XRケースをご提供頂いたのでレビューします。ご提供頂いたのは、TPUケースの「Vault」とクリアケースの「Skyfall」のふたつです。 それぞれ順に取り上げていきます。

Vaultシリーズ

Vaultは、背面上部のカメラ回りのデザインが特徴のケースです。
TPU素材でワンピース成形です。滑り留めと単調な見た目にならないように全体に細かなシボがあります。
端末を綿密に計測しているのか、それとも製造過程が厳格なのか、ケースにたぶついた部分はほとんどなく端末へのフィットは完璧です。また、バリや色ムラもありませんが、私が選んだ赤はホームページの写真よりも少し明るい印象です。

音量ボタンと電源ボタンはケースで覆われており、これが理由で押しづらくなることはありません。むしろ、押し易くなるようにケースとのつなぎ目が薄く成形されている凝った造りです。ミュートボタンとLightningコネクタ、スピーカー部分は均等にくり抜かれていて、いずれもケースが覆い被ることはありません。

ケースを着けた状態で、机に背面を下向きに置いた時にカメラが当たらないように高さが確保されています。前面を下向けに置いた時にも同じで、ディスプレイが直接当たらないように、ケースの縁が少し高くなっています。いまどきこうした工夫は、当然ですが、当たり前のことを当たり前にしているのがポイントです。

Skyfallシリーズ

クリアケースにフレームを組合せた2ピースのケースです。
クリア部分の前後には保護シールが貼られていて、搬送中に傷が付かないような配慮がされていました。開封動画をYouTubeに公開しているので、よろしければご覧ください。

【開封動画】Caseology iPhone XR Case Skyfall Unboxing

このケースも音量ボタンと電源ボタンはケースで覆われますが、押しづらくなることはありません。また、カメラと画面が直接当たらないようにケースの厚みと高さが確保されています。

ご提供頂いたのはゴールドフレームですが、他にもブラックとシルバーがあります。
ゴールドフレームをPRODUCT REDの赤と組み合わせると、ゴージャスな印象を受けます。フレームは、見た目のアクセントを作るもので落とした時の衝撃はケース全体で吸収する構造のようです。

クリアケースにフレームが貼られているので、フレーム分だけケースの横幅が増えます。先のVaultの横幅が79.8mmなのに対してSkyfallは81.2mmです。差は1.4mmとわずかですが手にした時の印象はずいぶん違います。

フレームのLightningコネクタ部分と右サイドには、Caseologyのロゴがあってアクセントになっています。

まとめ

造りの良いケースでアラは見当たりません。価格は、Amazon.co.jpで、Skyfallが¥2,960で、Vaultが¥2,360です。Apple純正ケースは¥5,184(税込)と倍近いので価格競争力も充分です。ケースの購入を検討している方は、Caseologyのケースも候補に入れてみてはいかがでしょうか。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい