小さくて軽い『RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112』を買ったぞ

出張中の荷物の中では、USB-C充電器が重くかさばります。ってことで、話題の窒化ガリウムを使った充電器「RAVPower 61W USB-C RP-PC112」を買いました。

普段使っているのはMacBook Pro 13インチで、これに付属している純正充電器の出力は61Wです。RP-PC112の出力も61Wなので、同じことができる物を購入したことになりますが、これは、半分の大きさと半分の重さなのが特徴です。



純正充電器との比較

まずは、サイズからです。
純正充電器と比較するとRP-PC112は、半分のサイズです。
購入前に大きさは理解はしていましたが、実物を手にしてみると、これで大丈夫なのかと心配になるほどの小さいです。コンセントプラグは折りたたみ式で、持ち運ぶ時に邪魔になりません。

MacBook Pro 13インチの充電アダプタの大きさ比較。小さい!

次に、重さです。
実測で標準充電器が207g、RP-PC112は104gです。これもサイズと同じく半分です。大きさに加えて重さも半分なので、感覚的には数字以上に小さな物のを手にしている印象です。ホント、小さいです。

充電中は、USB-Cポートの近くにあるLEDが青く点灯します。

出力が制御されている

RP-PC112の出力は、5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A, 61W(最大)です。これまでの充電器と同様に充電中は熱くなりますが、小さいからと言って極端に熱くなることはありません。

HUAWEI様からお借りしているMetaBook X Proは、対応機種に入っていませんが充電できることを確認しました。これを充電している時に気付いたのですが、満充電まで残り10%くらいになると、RP-PC112が冷めてくるので出力が絞られているようです。

ユーザー登録すると保証が延長される

RAVPowerのホームページからユーザー登録すると、元々の30ヶ月の保証に加えて12ヶ月保証が追加されます。ユーザー登録はアカウントを作成するだけですが、製品登録にはAmazonの購入番号が必要です。

簡単な作業で保証が1年延長されるので、ユーザー登録を済ませていない方は行ってはいかがでしょうか。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい