WF-1000XM3のシリコンケースレビュー

私は、SONYのWF-1000XM3を愛用しています。
飛行機移動が多い出張には欠かすことができないガジェットです。完全ワイヤレスのイヤホンで、ノイズキャンセルがあって音質も良いのですが、不満らしい、不満がありません。

頻繁に持ちはぶとケースの汚れやダメージが気になります。
できるだけ傷を付けないように、そして、綺麗な状態を保つように気を付けながら使っています。幸い傷はありませんが、汚れが気になるようになってきたので、Amazonで売っているシリコンケースを購入してみました。



シリコンケースを購入

購入したケースは、ELMKが販売しているシリコンケースです。
色はミッドナイトブルーです。色は、他にもブラックとレッドがあります。価格は945円です。

このシリコンケースは、フタ部分と本体ケース部分の2ピースの構成になっています。本体ケースには、リングがあってここに付けるカラビナも一緒に付属しています。

シリコンケースは2mmほどの厚みがあります。これだけの厚みがあれば、ケースを落としてもクッションになるので、ケースに傷が付くようなことはありません。当然、擦り傷からも保護できます。また、水洗いができるので汚れに対しても心配はないです。

【レビュー】SONY WF-1000XM3のシリコンケースレビュー:高コスパ!

取り付けは簡単

取り付けは、簡単で本体ケースにシリコンケースをはめ込みだけです。シリコンケースは、本体ケースにジャストサイズでだぶついたところはありません。シリコンケースのフタ部分の取り付けは、はめているだけです。これだと簡単に取れてしまいそうですが、何度か持ち出して使っていますが取れることはありませんでした。取り付けに両面テープを使っていないので、本体ケースになんらかダメージがおよぶこともありません。

シリコンケースを付けた状態でも、充電のインジケーター部分は隠れないようになっているので、充電状況は確認できるようになっています。また、USB Cのコネクタ部分も切り抜かれていて、ケーブルの抜き差しをシリコンケースが邪魔することもありません。シリコンケースは、2ピース構成なのでフタやが開けづらくなることもありません。

1000円以下で購入できるケースとしては、非常に良くできている印象です。これから、WF-1000XM3を購入する人で、ケースが欲しい人は一緒に購入することをオススメです。

唯一、残念なところ

落ちついたブルーで気に入っているのですが、残念なところがひとつあります。
シリコンケースの表面に埃が付きやすいことです。たとえば、ポケットに入れているとホコリが付いて白っぽくなり、みすぼらしくなります。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい