サムソンと酷似

「サムソン」と検索すると、Googleの関連キーワードに「酷似」が出そうな勢いの今日このごろです。

流石に丸パクリだと中華企業とやることが同じなので、目も当てられませんが、元ネタを参考に、まずは追いつく為の努力を行い、次のステップとして、自分の達の考えを反映して、オリジナリティが出てくるば、私は、立派だと考えています。

自動車のデザインなんかでは、売れているクルマを参考に、特徴的なディテールを頂いたものの、劣化コピーにしかなっていなかったり、古いクルマのデザインをいま風にアレンジとか言うものの、単に頂ける部分を頂いただけというクルマを良く見かけます。

その点、サムソンの GALAXY S IIIは、よくデザインされている部分もあります。

例えば、私が知る限り、Nexus Sから電源ボタン、ボリュームボタンの位置は変更されていないので、その場しのぎのデザインではない連続性を感じます。薄型や大画面は、定番の流れですが、早々に提案されています。

サムソンの元ネタは、間違いなく Apple 製品ですが、自分達の考えを入れはじめて、昇華しつつあるように感じています。

また、クルマの話題に戻りますが、一昔前の韓国車のデザインは、日本車の劣化コピーばかりでした。

しかし、最近の韓国車、一段レベルが上がったのでは?と感じるクルマもあり、非常にアグレッシブなデザインです。新しい提案はありませんが、KIA K5なんて、韓国の街で見かけると目を奪われます。(あっ、乗り味は、日本車の方が良いですよ。)

同じことが、スマホでも起きるのではないか?と考えてしまいます。
クルマとIT業界では、スピード感が違い過ぎるので、同じようには行かないと思いますが、サムソンの製品を見て、茶化している場合でもないかもしれません。

あっ。滅多に見ない新聞に、iPhone 5に使われて部品のほとんどは、日本製!なんて、下請け家業を喜ぶ記事に、凄く違和感を感じました…





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい