Windowsのサインイン直後からデスクトップを表示する方法

Windowsのサインイン直後からデスクトップを表示する方法

Windows 8の場合、サインインした直後はスタート画面が表示されます。
これ自体は悪ことではありませんが、デスクトップアプリを中心に使っているのであれば、都度、デスクトップのタイルをタップする必要があります。

毎回これでは面倒です。しかし、設定をしてやることで、サインインした直後からデスクトップが表示できます。

設定は、デスクトップを表示して、タスクバーのプロパティを表示します。
この画面の「ナビゲーション」タブをクリックします。「スタート画面」グループに、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」をチェックします。

これで、サインインした直後からデスクトップが表示されるので、デスクトップアプリをメインで使う人には使い易くなるはずです。

私は原稿書きにYOGA Tablet 2-10を使っていますが、なんだかんでデスクトップアプリを中心に使っているので、この設定を有効にしています。

Windows 10では、ストアアプリとデスクトップアプリの境が分かりづらくなっているので、どちらのアプリかを気にすることなく使えるのかもしれません。

Windowsカテゴリの最新記事