Chuwi Hi8 Proレビュー:CrystalDiskMarkの結果とバッテリーの使用状況を公開しておくよ

いまさらですが、Chuwi Hi8 Proのベンチマーク結果とバッテリーの使用状況を公開しておきます。

WindowsタブレットのストレージにはeMMCが使われています。これは、サイズが小さくて消費電力が小さいのが特徴ですが、SSDと比較すると速度面で劣ります。どの程度劣るのか気になっている方も多いと思うので、CrystalDiskMark 5.1.2の結果を公開します。

4Kのランダム書き込みが遅い

結果は、他のタブレットとそれ程変わりない感じですが、4Kのランダム書き込みが極端に遅いです。原稿のようなファイルの小さなファイルをDropboxなんかで、ちまちまやり取りすると地獄をみそうな感じです。あと、ウェブブラウザのキャッシュなども同じことが言えそうです。

hi8pro-CrystalDiskMark

しかし、実際に使ってみると特別遅い印象はありません。速度は、総合的なバランスなので、ディスクだけではなくネットワークの速度も速くならないと、快適には感じないのかもしれません。

バッテリーを長持ちさせるカギはディスプレイ

もうひとつ、バッテリーの消費状況も公開しておきます。
「設定」-「バッテリー節約機能」-「バッテリーの使用状況」で確認した結果ですが、ディスプレイが80%使用していることが分かります。スマホでも言えますが、いまどきの端末はディスプレイが一番バッテリーを消費するので、これを上手く管理すればバッテリーを長持ちさせることができそうです。

hi8pro-battery

まずは、ディスプレイ関連で手軽に設定変更ができて、効果がありそうな以下の設定変更を行いました。

  • ディスプレイの輝度を下げる
  • ディスプレイを切る時間を短くする

まずは、ディスプレイの輝度ですが、これまで25%に設定していました。これを15%にしても十分明明るいと感じるので、この設定ままで使っています。

もうひとつ、ディスプレイを切る時間ですが、バッテリー駆動中は4分経過したらディスプレイを切る設定していたのを2分に変更しました。

しばらくこれで使ってみるつもりです。





記事をシェアする

あわせて読みたい