Life with Apple Watch:Apple Watchとの生活

Apple Watch Series 4を使い始めてから生活が変わりつつあります。
いままでのスマートウォッチは、主役のスマホを支える有能な脇役といった存在でしたが、準主役までのし上がって来たような印象です。

たとえば、音楽やポッドキャストを聴く、電車に乗る、メッセージへの返信をするはApple Watchで済みます。また、AirPodsと一緒に使っている時は電話に出ることもあります。iPhoneを使っている時間をApple Watchが、どんどん奪っているような印象です。初代のApple Watchを使っていた時は、こうした印象を持たなかったので大きくジャンプアップしました。

生活に変化をもたらした度合いで言えば、ここ最近手に入れたガジェットの中では一番で、その様子を動画にまとめていますのでよろしければご覧ください。また、チャンネル登録といいね評価もお願いします。

Life with Apple Watch : Apple Watchとの生活

充電環境の整備が急務

使っていた初代Apple Watchは、ギリ1日使える程度だったのでSeries 4のバッテリー駆動時間も心配でした。これは無駄な心配で、私の使い方なら1日は確実、場合によっては2日は使えます。

いまは、出張中の充電環境をどうしようか考えています。
ベルキンの製品で、充電コネクターが付いたモバイルバッテリーがありますが、評価の高い製品ですがモバイルバッテリーは複数あるので新たに購入は躊躇しています。

もうひとつ、標準の充電ケーブルは長くて持ち歩くのに邪魔になるので、短いものも検討していますが、ケーブルの長さが短いだけだけで面白味に欠けるので購入を躊躇しています。

当面の解決策

いまは、手元にあったblueLoungeのCableClipに付属の充電ケーブルを巻き付けて持ち歩いています。

CableClip
A sleek, minimalist design solution for managing cables of all sizes. CableClip secures cables in a compact bundle for use at home, the office or on the go.

CableClipは、S, M , Lのサイズ展開で巻き付けるケーブルの太さで使い分けます。
私は、SとMを持っていて、付属の充電ケーブルを巻き付けるのにはMがジャストです。写真は実際に巻き付けた時の様子です。長い付属充電ケーブルも散らからず、コンパクトに持ち歩けます。

P1000401

ケーブルを巻き付けるタイプであれば、ベルキンのトラベルスタンドがコンパクトにまとまるので便利に使えそうです。

Apple Watch用トラベルスタンド
Apple Watch用トラベルスタンドがあれば、Apple Watchのケーブルを安全に収納したり、管理することができます。机の上やナイトテーブルなど、置き場所を問わずご使用いただけます。





記事をシェアする

あわせて読みたい