これは、ええヤツや『LG UltraFine 5K Display』が到着したぞ

悩みに悩んで購入したLG UltraFine 5K Displayが到着しました。使い始めて、1分くらいで「これは、ええヤツや」との印象です。Apple製品でも最近のものは、こんな印象を持つことは滅多にありません。

今回はファーストインプレッションなんで、割り引いて読んで頂く必要はありますが、MacBook Pro(15-inch, 2016)と一緒に使った時の印象をまとめておきます。



マルチディスプレイの悩み

複数のディスプレイ、とくに機種の違うディスプレイを並べ使うと以下の違いでて、悩まされることになります。

  • ディスプレイごとで色の再現性が違う
  • ディスプレイの表面処理の違いで映り込みが違う

これを嫌って同じメーカーの同じ機種を使って、マルチディスプレイにするワケです。LG UltraFine 5K Displayは、MacBook Proの外付けディスプレイとして購入したので、当然異なるディスプレイです。よって、違いが出るはずなので順にみていきます。

色の再現性の違い

LG UltraFine 5K Displayのスペック上は、色の再現性はMacBook Proと同じで広色域(P3)です。とは言っても別のディスプレイなので、少々は違いがあるだろうと考えていましたが、私の感覚は同じ色で表示されて、まったく違和感がありません。

マルチディスプレイの場合、最初に色を揃えるのに時間を取られますが、この時間はなくすぐに使えます。

映り込みの違い

ディスプレイの表面処理に関しては、ともに詳しい情報がありませんがMacBook Proと似ており、並べていても私の目には同じように映り込んでいると感じます。

映り込み方が違うとモニターを往き来していると目が疲れますが、違いを人が吸収する必要がないので、長時間使っていても目に負担がかからないと感じています。

マルチディスプレイの悩みから開放される

MacBook ProとLG UltraFine 5K Displayの組み合わせは、マルチディスプレイの悩みからは開放されます。使い込むほどディスプレイごとの違いが気になるので、これを気にする人にとっては間違いのない選択です。

フォントも綺麗だぜ

LG UltraFine 5K Displayは画素ピッチが218ppiで、MacBook Proの220ppiと近い値なのでRetinaディスプレイ相当の表示品質です。よって、フォントも綺麗に表示されます。これを一度体験すると、Retinaではないディスプレイに戻れませんね。

満足度は高い

LG UltraFine 5K Displayは、MacBook Proのディスプレイがこのまま大きくなった感覚で使えます。純正扱いで販売されているので、当然なのかもしれませんが、macOSとの組合せで使う限りは不満も感じません。

当たり外れの振れ幅が大きいガジェットを買い漁ることが多い中で、久しぶりに買った良かったと感じています。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい