Fitbit VERSAライト エディションが登場しますね

Fitbitのスマートウォッチとしては、ひさしぶりの新しいハードウェアです。
新しいハードウェアはFitbit VERSAの新しいバリエーションで、音楽の保存・再生機能や決済機能を削除しています。この分価格も安くなって159.95ドル(おおよそ、1.8万¥)です。日本での価格は、まだ発表されていません。

VERSAスペシャル エディション/VERSA/VERSAライト エディションで、それぞれの違いは以下にまとまっています。

アプリの使えるプラットホームを下支えすることになる端末です。日本では、Fitbit Payが始まっていないので、ライト エディションは現実的な選択です。余談にはなりますが、2018年には始まると言われていたFitbit Payですが、まだ、開始の話しが聞こえてきません。支払い機能だけみれば、Apple Watchが最高の選択なのは変わりません。

マルベリーとマリンブルーは、ライト エディションのみで選べる本体カラーです。これからは、単なる腕時計として見ても良さげな感じです。

Fitbit VERSAが21%オフになるお買い得情報

Amazonでは、Fitbit VERSAが21% OFFのクーポンが配布されていて、これを適用すると2万円を切る¥19,844でノーマル版のVERSAが購入できます。

ライト エディションでしか選べない色が欲しいのであれば発売を待つことになりますが、拘りがなければ、ライト エディションを待たずとも安くなったノーマル エディションを購入する方法も考えられます。





記事をシェアする

あわせて読みたい