なかなか悩ましいよ…「AirPods 2nd Generation」

記事をシェアする

デザインは変わらず、そして、黒も出ませんでした。ワイヤレス充電とHey Siriには対応しました。また、Apple W1チップからApple H1チップになって、デバイスとの接続とデバイスの切り替えが高速になり、遅延も最大30%パーセント低減しています。派手な改良がされた分けではありませんが、一段レベルがあがった製品です。

細かなところでは、ケースに充電状態が確認できるランプがあります。これまでは、iPhoneでしか確認できなかったので使いやすくなりました。

製品のラインアップは3種類で、

  • AirPods with Wireless Charging Case
  • AirPods with Charging Case
  • Wireless Charging Case for AirPods

となっています。
最後は、ワイヤレス充電に対応したケースです。これまでのケースを流用して、新しいイヤホンを購入する選択はないようです。(こんなことが出来るのかは分かりません)

いまのAirPodsは電池の持ちが悪くなっているので、新しいものが欲しいのですが変わり映えしないので、どうしても欲しいと思うまでには至りません。

もうひ工夫欲しかったけど

初代のAirPdosが登場したのが2016年9月です。新型の登場が2019年3月なのでライフサイクルは2.5年です。この理屈を当てはめれば、新型は2021年くらいまで引っ張ると考えられます。

クアルコムがBluetoothオーディオチップの「QCC3026」で、AirPodsをキャッチアップしているので、今回も同じ期間を乗り切るのは、もう少し工夫が必要なのでもないかと思います。

たとえば、AirPodsは着けるまでの体験は最高ですが、着けた後の体験は、人並み程度なので、ここに工夫が欲しかったです。これが、Hye Siriへの対応のかもしれません。だとすれば使ってみないと分からないですね。やっぱり買おうかな…





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい