昭和風モディファイ:リアル・チョロQ『smart BRABUS fortwo』を飼ってます

ちょこっとしたモディファイは、まだ続きます。今回は昭和風のモディファイです。

いまどきのクルマは、キーシリンダーの回りにLEDがあってこれが点灯しますが、the finalにはこうした装備はありません。欧州のコンパクトカーには、こうしたところに一切の気配りがありません。まぁ、こうした部分も割り切りの良さと見ることもできます。

今回もAliExpressからパーツを購入してみました。購入したのは、キーシンダーの内側の貼り付ける蓄光タイプのシールです。購入時の価格は¥251でした。

昔は、こうしたシールを貼り付けているのをよく見ましたが、最近は見かけなくなったので「昭和的モディファイ」と名付けました。



取り付けた感じ

貼り付ける前は、こんな感じです。

Mercedes-Benzとは違いキーを差し込んで回して始動する

貼り付けた後は、こんな感じです。

蓄光タイプのシールを貼り付けただけなので、簡単なモディファイですが、味気の部分が少し華やかになりました。

キーはジャックナイフタイプ

the finalのキーはボタンを押すとキーが出るジャックナイフタイプで、本体にはロック、ロック解除、幌を空けるボタンがあります。エンジンの始動もキーを差し込んで回すタイプです。

キーに着けているシリコンケースの紹介はまたの機会に





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい