SJCAM SJ6 Legendで車載映像を撮ったよ:箕面のお山 上りバージョン

SJCAM SJ6 Legendで車載動画を撮ってみました。
撮影方法は、TELESIN 360°回転式 クリップにSJCAM Sj6 Legendを取り付けて、クリップをサンバイザーに挟み込んで固定して撮影しています。

いつものように、YouTubeに動画を公開しているので、よろしければご覧ください。また、チャンネル登録といいね評価もよろしくお願いします。

ジャイロの効果を確認できる

撮影に使った車は、段差を乗り越える時に車体がブルッと揺れるくらい足の硬いクルマです。

こうした細かな揺れは、そのまま映っていますが、これよりも大きな揺れは撮れていないので、SJCAM SJ6 Legendのジャイロが上手く動作して補正していることが確認できます。

しっかりと取り付けたワケではなく、こんな感じに取り付けただけですが、満足の高い動画が撮影できました。

DSC00104

画質に関して

フロントウインドウを通して撮影しているので、フィルターがかかったように見えるシーンもありますが総じて満足できる画質で撮影できました。

SJCAM SJ6 Legendで使われている「Panasonic MN34120PA」と言うセンサーは、青みの強い画質になりますが、V1.4.3のファームウェアで、その色味の調整がされており満足できるものになっています。

今回の上り動画は1080P 60fpsで撮影しました。帰りの下りは、4K 25fpsで撮影しているので、後日、編集して公開します。

1080Pと比較すると、ぱっと観た感じは変わりませんが細部がくっきりと表現されています。1080Pで十分だと思ってSJCAM SJ6 Legendを購入したのですが、4K 30fps撮影できるアクションカムを買った方が良かったかもと考え始めています。

ジンバルが欲しい

いまは、TELESIN 360°回転式 クリップにSJCAM SJ6 Legendを固定して使っています。これは、いろいろな場所で活躍するので結構気に入って使っています。

今回の動画を観る限りはジンバルは無くても良いとも考えますが、使えばもっと滑らかな動画が撮れるかもしれないと考えると購入を検討しはじめています。

いやー。沼ですな動画撮影は。

シェアする

関連記事一覧