ライフハッカーにレビューが公開されました:venos techology SideCarレビュー

iPadをPCのサブディスプレイとして使う時に、ディスプレイ横に設置するためのアタッチメントvenos techologyの「SideCar」のレビューがライフハッカーに公開されました。

少しばかりキワ物感はありますが、使ってみるとなかなか便利な代物です。
レビューでも触れていますが、設置は少し面倒です。しかし、これを使うとノートPCのディスプレイの横にiPadを設置できて、目線の移動が少ないのは大きなメリットです。

このブログでは、ライフハッカーで触れなかった部分も紹介していきます。

専用ポーチが付いている

IMG_0033.JPG

持ち運んで使うことが想定されているのか、専用ポーチが付属しています。
SideCar自体は、MagicMouse程度の大きさです。
このくらいだと、カバンに入れて運ぶ時に裸で持ち歩くか、何かに入れて持ち歩くか悩むところですが、専用ポーチが付いていれば、これに入れておくができるので助かります。洒落たデザインではありませんが、専用品だけにちょうど良いサイズです。

固定はネジ式

2015-02-10 12.40.41

iPadをノートPCに固定するには、SideCarの中心にあるノブをクルクル回して固定します。すると、iPadとディスプレイの端を挟み込む形で固定されます。これの上面の板がシーソーのように動くので、薄いiPad Air2でも対応できます。この辺りは、なかなか良く考えられています。

ノートPCのディスプレイとiPadを挟み込む面には、クッションと滑り留めを兼ねたシリコンバッドが付いているので、両方を傷つけることなく、しっかりホールドします。

意外と使えるものが限られるかも

私は、iPad Air2とMacBook Pro 13インチ Retinaの組合せで使っています。
iPad Air2は軽量なので、ノートPCに取り付けてもそれ程苦になりませんが、これよりも重いタブレットだと、これの重みでノートPCが後ろに倒れてしまう可能性はあります。
また、最近流行りのベゼルが狭いディスプレイだと、使えないワケではありませんが、アダプタが液晶側にかかってしまします。職場のレッツノート「F-N9」この状態でした。

SideCarは、秋葉館で2,980円販売されているので、気になるかたはどうぞ。





記事をシェアする

あわせて読みたい