monowareの交換バンドが到着しました:Apple Watchレビュー(21)

monowareの交換バンドが到着しました:Apple Watchレビュー(21)

monowareのApple Watch用の交換バンドがようやく手元に到着しました。

6月1日にウェブサイトで注文して、7月21日に手元に到着したので、2ヶ月弱待ちました。スタートアップが販売しているので、8月くらいの出荷になるだろうと考えていましたが、思ったよりも早く到着しました。

私が注文したのはシルバーのメタルバンドは、現在は売り切れになっています。

バンドの交換はあっという間

Apple Watchが素晴らしいのは、ケース裏にあるボタンを押すだけで、バンドが取り外すことができて、ケースの溝にバンドのアダプタをはめ込むだけで交換できることです。これまでの腕時計を思えば簡単にベルトが交換できます。ただし、メタルバンドは、自分の腕の太さに合わせて、コマを外して調整する必要があり、この作業はこれまで変わらず面倒な作業です。

IMG_0408.JPG

残念なベルトの質感

購入したのはメタルバンドです。汗をかく季節に合わせての選択です。
素材はステンレスで、Apple Watch Sportのケースの素材と質感がマッチするように部分的にマットで光沢が抑えられているのがウリになっています。

ケースと接合するアダプタはマットですが、写真を見てもわかるように素材が違うので光沢と色が異なります。こればかりは仕方ありませんが、何とか許容できる範囲です。

IMG_0410.JPG

バンドは3列で、中央がポリッシュしてあり左右がマットです。
ズッシリした感じはなく、腕を振るとカチャカチャと鳴る音が安っぽいのはガッカリします。また、購入時から小傷があちこちに付いているのも残念です。少し値の張る腕時計であればビニールのカバーが付いていますが、このベルトは気の効いたことはありません。

バックルは、メタルバンドでよく見るパチンと留めるタイプで、Apple純正のような磁石で留めるような工夫はありません。

Appleカテゴリの最新記事