たくさんガジェットを持ち歩く私が使っているポーチをご紹介します。

記事をシェアする

出張時に使うインナーバッグを「Bags-martの小物収納用ポーチ」に買い換えたので紹介します。

これに買い換える前は、Amazonベーシックのポータブル機器用キャリングケースを使っていました。2013年の6月に購入しており2年ほど使いました。

色移りが買い換えのキッカケ

収納力には不満はないのですが、収納しているモノに黒が色移りしてしまい、大切にしていたペンや買ったばかりのバッテリーなどが汚れてしまいました。この色移りが落ちると良いのですが、落ちなくて色移りしたモノはそのままになっています。

IMG_0429.JPG

これに気付いた時から代替を探していたのですが、手頃な大きで使い勝手のよさそうなポーチを見つけることができず終いでした。

今回購入したBags-martのポーチは、コンパートメント3つに分かれておりマジックテープで仕切られています。仕切りは取り外せるので、2つにして使うこともできますし、大きく1つで使うこともできます。

IMG_0426.JPG

コンパートメントの1つは、Panasonicの電動ひげそり「ES-RS10」、くし、エチケットカッター、巻き取り式のLANケーブル、PLANEXの「ちび無線LANルーター」を入れています。いわゆる出張用グッズを入れています。

高い収納力が魅力

まだまだ、収納できる余裕があります。
以前使っていたキャリングケースは、MacBook Pro用の60W ACアダプターを入れることが出来なかったのでバックに放り込んで持ち歩いていました。これだと収まりが悪いこのと、移動中にカバンをぶつけた勢いで破損しないか不安でした。しかし、今回購入したポーチは、60W ACアダプタ程度であれば、すっぽりと収めることができるので、一緒に持ち運べるようになり収まりが良くなりました。

ACアダプタを入れてもまだ余裕があるので、これも出張に持ち歩いているUSBケーブルやUSB充電機を収納しています。普段はiPhoneを使っているので、日常的にLightningケーブルを携帯しているので、micro USBやApple Watchの充電ケーブル、USB充電機とモバイルバッテリーを兼ねたPanasonic「QE-AL201」をこのポーチに入れて持ち歩いています。

IMG_0427.JPG

フタ側にも収納できます

また、フタ側にもジッパー付きの収納があります。ここは薄いモノしか収納できないので、テッシュと歯間ブラシを入れるようにしています。

IMG_0430.JPG

こんな感じで、出張時に使う小物の類は、すべてこのポーチに収納できるようになり、かなり使い勝手が良くなりました。その変わりというか、ポーチ自体は結構大きめなので、これを入れるバッグは選ぶかもしれません。

価格は、Amazon.co.jpで1,900円ほどです。手軽に買える価格ですし、色々なものを放り込んで使うことができるので、オススメポーチです。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい