さすがの純正ケース。迷っている人はコレを選ぶと良いかも

iPhone 6s Plusが手元にやってきました。これ用にiPhone 4以来の純正ケースを選びました。

選んだのは、iPhone 6s Plusシリコーンケースで、カラーはチャコールグレーです。

純正ケースは、素材違いでシリコーンケースとレザーケースがあり、4,500円と6,500円なので価格差は2,000円です。レザーケースを選んでも倍ほどは高くないので、どちらにしようか悩みましたが、レザーケースの方は気に入った色が無かったのでシリコーンケースを選択しました。



造りの良さは、Appleのハードと同じクオリティ

ケースの造りの良さは、さすがの純正です。
たとえば、iPhone 6s Plusとのフィット感は抜群で、本体に装着してしまうと外すのに苦労するくらいフィットします。安いケースだとルーズな造りで、本体とケースの隙間からゴミが入り、たまに外してみると汚いなんてことがありますが、こうしたことも無さそうです。

IMG_0529.JPG

ケースは本体縁の金属の部分を覆う造りです。このおかげで、液晶側を下にして机に置いてもケースの縁が机に当たって、液晶面が当たることがなくて安心して使えます。

IMG_0531.JPG

凝った造り

たとえば、ケースの内側にはマイクロファイバーが貼られていて、iPhoneに傷が付かないような工夫がされています。

IMG_0521.JPG

また、ケースのカメラ部分のくりぬきもカメラのレンズとフラッシュだけが露出する必要最低限なもので、くりぬき部分のプラスチックで縁取りしている凝りようです。また、ケースは堅いので、使い込んでも型崩れするようなことはないはずです。

IMG_0525.JPG

なんと言っても背面にリンゴマークがあることがこのケースの最大の特徴です。やっぱり、ワンポイントあると随分印象が違います。

どのケースを買おうか悩んでいるなら選んでみては

まずまずの価格ですが、造りは良く長く使えそうなケースです。
iPhone 6s / 6s Plusを購入して、どのケースを購入しようか悩んでいる方は純正のケースを選んでみるのは、いかがでしょうか?





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい