3D Touchの可能性をぼんやり考えてみる

本当にできるのかは、調べていないので分かりません。

手に入れたiPhone6s Plusを使っていて感じているのですが、これで実装された3D Touchは、ショートカットを表示するためでではなく、より踏み込んで何をしたい時に使うUIとして良いのではないかと思えてきました。

例えば、映画をビデオ再生アプリで再生している最中に、特定のキャストだけを押し込めば、その人の情報を詳しく表示したり、もっと踏み込めば、台詞だけを強調したい時に使えるのではないかと考えています。ってこれだと、タッチでも良いわけですが、タッチの方は再生・停止に使われていることが多いと、使う側は、知りたい欲求を持っているので、押し込む操作も苦になることはないはずです。

他にもウエブブラウザで単語を選択した後、押し込んで検索なんて簡単に実現できそうです。

いずれも、あっと驚くないようではありませんが、使い勝手は良くなるはずです。やっぱり、3D Touchは、モバイルUIを変化させる可能性がある革命的な仕組みです。

iOSだけと言わずにAndroidとかにも採用されないですかね。マルチタッチの時は、ゴタゴタしましたが鼻からライセンス交渉をすれば良いわけですし。うまく広がっていけば、使い方を変えてしまうと思うんですよね。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい