来たよ。Smart Keyboardを使った第1印象まとめ:iPad Pro

待ちに待ったSmart Keyboardが到着したので、第1印象をまとめておきます。

IMG_0691.JPG

  • 配列は英語。私は普段から英語配列はのキーボードを使っているので違和感はない。
  • サイズは、Magic Keyboardと同じ。フルサイズの物理キーボードが使えるのは嬉しい。
  • カーソルキーの並びは、Magic Keyboardと同じ。
  • 入力モードの切り替えは、左下の地球儀アイコンを使う。control+スペースキーでも切り替えができる。

IMG_0686.JPG

  • キーストロークは、ほとんどない。
  • 打鍵感は、スイッチを押すような感覚。
  • キーボードにバックライトは搭載されていない。
  • タイプした時の音は、ほとんどしないので、静かな場所でも使える。
  • キーはひとつづつ独立しているような造りではない。キーメカの上に、一枚の布を被せてある感じ。
  • 全体的には布の質感。例えるならば、防水処理がされたリックサックの表皮のようでザラザラしている。
  • 画面カバーの状態からキーボード状態にするには、少々大袈裟な感じで広げる必要がある。たたんで画面カバーにする時も同様。

IMG_0688.JPG

  • 膝の上に置いても使える。裏面のマイクロファイバーが良い滑り止めになる。
  • 本体とキーボードは磁石で固定されている。本体を持ち上げても形が崩れることはない。
  • キーボード状態にした時の画面側の角度は、机に座った状態であれば適切。
  • 推測変換変換のウインドウを消すのEscキーを使うが、このキーボードにはないので入力モード切り替えの地球儀アイコンを使う。

とまぁ、いまのところこんな感じです。





記事をシェアする

あわせて読みたい