Apple純正 iPhone 6s Plus用シリコーンケースを半年以上使ってみた印象

記事をシェアする

iPhone 6s Plus用のシリコーンケースを使い始めて、半年以上経過したので、現在の印象をご紹介しておきます。

汚れがよく目立つ

三ヶ月を過ぎたあたりからでしょうか、背面の汚れが目立つようになってきました。汚れが目立つのは、色がチャコールグレーだからかもしれません。もっと明るい色を選んでいれば、皮脂汚れは目立たないのかもしれません。

IMG_1004.JPG

ケースの汚れが気になるたびに、家電批評でも取り上げて頂いた「タブレットトレシー」で拭きとっているのですがスッキリと綺麗にはなりません。

純正シリコーンケースのしっとりとした手触りと造りのの良さは気に入っていますが、汚れが目立つのは難点です。

シリコーンケースではなくてレザーケースを選んでいれば、これほど汚れが目立たなかったかもしれません。

端がヒビ割れました

力のかけ方が悪かったのか、ケース底面の端が割れてしまいました。
派手ひヒビ割れたワケではなく、僅かで目立たないと日常使用には支障がないので、そのまま使っています。

割れた時にパキッと音がしたので、このケースの骨格はABSかポリカーボネートで、これをシリコンで覆っている造りのようです。レザーケースも同様なんでしょうね。

IMG_1002.JPG

ヒビ割れが拡大しなければ、iPhoneを買い換えるまで使うつもりなので、このまま様子をみるつもりです。

みんなにオススメ

不満だけになりましたが、いずれも些細なことで満足度は90%です。

半年経ったいまでも「オススメのケースは何か?」と聞かれれば、純正ケースと返答するくらいオススメで気に入っています。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい