Markdownエディタ『Typora』でスコスコとブログが書けちゃうよ

最近「買ったよ」のエントリー続きなので別のエントリを書きます。

私は、Markdwonエディタで原稿やブログを書きます。

最近気に入って使っているMarkdownエディタ「Typora」は、Windows, Mac, Linux版があり、気持ちよく使えるうえにフリーソフトなのでご紹介します。

Typora — a markdown editor, markdown reader.



やっと出会えた『Typora』

Typoraを使い始めたのは、GPD WINやポータブックを入手したからです。

Windowsには、沢山のMarkdownエディタがありますが、どれもテキストエディタがベースで画面を2分割して、Markdownで記述した内容をリアルタイムプレビューします。

印刷する分けでもないに、どうしてリアルタイムプレビュー機能を付けるのか理解できず好きになれませんでした。リアルタイムで、仕上がりを確認したいのであれば、ワープロを使う方が効率的です。

Markdownで書ける集中できるエディタが欲しいのです。

で、探し当てたアプリが冒頭で触れた『Typora』と言うワケです。

normal

これまで、Windowsを原稿やブログを書くために常用していない理由は、以下の2点ですがTyporaは供にクリアしています。

  • シンプルなアプリが少ない
  • フォントのレンダリングが汚い

機能的な面では、TyporaにもMarkdownのシンタックスを強調表示する機能があります。
また、私が嫌いな横にプレビューではなく、表示モードをプレビューとソースで切り替えられます。

また、筋が通った造りでWindowsアプリにありがちな枝葉を作って、関連性の薄い機能も実装していません。Macでは、こうしたアプリが当たり前のようにありますが、Windowsでは見つけられなかったので、やっと出会えたと言った感じでうれしかったです。

あと、Clear Typeを使ってフォンをレンダリングしないアプリもあって、文字が美しい文字で描画されないことがありますが、Typoraは、美しい文字で描画されて気持ち良く使えます。

ポータブックにインストールしています

さっそく、Typoraをポータブックにインストールして使っています。このエントリーももちろんですが、以下のエントリーもTyporaを使って書きました。

投げ売りを買いましたよ:ポータブック ファースト・インプレッション
yodobashi.comで、たたき売りをしているのをFacebookで知り速攻で購入しました。こんな時の仕事の速さは電光石火です。 私は、ポメラDM100を所有しているので、これと比較したポータブックをファースト...

書くことに関しては不満はありません。あえてあげるならば、ワードカウント機能があれば便利だと思った程度です。

ポータブックには、TyporaとDropbox, 1Passwordくらいしかインストールしていないので、ほとんどポメラです。

Markdownエディタで書く理由

最後に、Markdownエディタを書く理由を以下にまとめておきます。

  • 汎用性が高い
  • 強調表示ができるからです。

汎用性が高い部分で言えば、環境を整える必要はありますが、Markdownでブログを書けば、WordPressへそのまま投稿できるので、見出しなどを改めて整形をする必要がありません。

強調表示はエディタ次第ですが、原稿を書いている最中に#タグを使って見出しを付けたり、>タブを使って文中のメモを残したりしています。ほか、画像を入れたい場所には、タグを記述して、後で見ても分かるようにしています。

こんな感じで、ワークフローにMarkdownが組み込まれているので、これが使えないと戦力半減です。

このエントリーを読んで、Markdownに興味がわいた方は是非試してください。タグの詳細は以下にあります。面倒ではありませんし使ってみると便利ですよ。

Markdown記法 チートシート - Qiita
Markdown記法のチートシートです。 本ページではQiitaで使用可能なMarkdownのみ掲載しているため、一部原文と異なります。 Markdownの原文については、[Daring Fireball: Markdown Synt...





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい