画面が割れたSJCAM SJ8 PROのその後

画面を割ってしまって、実質使用不可になったSJCAM SJ8 PROのファームウェアを1.24にアップデートした時に、動作モードが「動画」に戻ったので、動画が録れるようになりました。

モード選択できなかったので、撮影に使えなかったのですが、これで撮影できるようになりました。で、これまでSJ-Gimbalとの組合せで、4K動画を撮影したことがなかったので、スーツケースを買いに行く様子を試し撮りしてみました。

毎度のごとく、YouTubeに動画を公開していますので、よろしければご覧ください。

動画は面白ければ、いいね評価とチャンネル登録をして頂けると励みになります。

今回の撮影設定など

今回の撮影設定は「4K 30fps」で、カラープロファイルを「SJCAM」に設定しました。映像を見た印象ですがメリハリのある色合いになっています。嫌味ではないので、しばらくこれを使ってみようと思います。

あと、ファームウェアのアップデート後、マイクのゲインが6に設定されていて、気付かず撮影したので録れていた音がレベルが低くてコンプレッサーでレベルを上げています。

SJCAM SJ8 PROの内蔵のマイクは、ノイズキャンセルが機能があります。よく分かるのが最後の車内で話しているところで、エアコンの風をノイズと認識してノイズキャンセルが機能しているようで、録れている音が酷い音になっています。

本体のみで結構よい音質で録れるので、内蔵マイク動作特性を理解して使いこめばピンマイクを使う必要はなくて、持ち出して使うには取り回しが良さそうです。

記事をシェアする

YouTubeも見てみる!

あわせて読みたい