正直、iPad Proを使わなくなった

最近は、iPad Proを使う機会がすっかり少なくなりました。
9月には新型の登場するとニュースサイトを賑わしていますが、利用頻度が減っているので、私の中では盛り上がっていません。

なぜタブレットを使う機会が少なくなってきたのか、自分なりに分析してみます。

使わなくなった原因を考えてみる

タブレットは、PCに迫るパフォーマンスを持つようにもなり、AppleはiPad Proを生産性向上のツールとして位置づけています。私は、将来のPCがもタブレットであることを疑わず、一時期は作業環境をiPad Proに移行しましたが、最近は、この揺り戻しでMacを使うことが多くなっています。やっていることは、ブログや原稿などのもの書きがメインでMacにもできます。

iPad Proの場合、これだけで完結する作業は非常にストレスなくこなせますが、カメラのデータを取り込むなど、他デバイスと連携が必要な作業は、Macよりも手数がかかります。こうした部分は、長年の蓄積があるPCの方がストレスを感じません。こうなると、面倒だったり時間がかかるという理由でMacの利用頻度が高くなります。最近は、動画編集をするのでMacの方が効率が良いこともあります。

元々タブレットが得意とするビュワーもスマホが大型化したことで、ストレスを感じなくなりましたし、これで十分と感じるようになりました。むしろ、スマホの方が取り回ししやすいし、いつも手の届く範囲に置いてあるので、こっちを使おうかということになります。

こんな感じでiPad Proの居場所が無くなっており、意識しないと使わないような状況です。

進化の方向性を誤ったかも

タブレットは、ニッチな用途で使われていた物で用途にハマれば唯一無二の存在です。
iOS 9からはじまったタブレットのPC化は、登場した時は興奮したし進化の方向性としては「あり」なのかもしれませんが、間違った道を選んだのかもしれません。いま思えば、この舵を切った頃からiPadの輝きが鈍り出したようにも思えます。タブレットのPC化は、複雑で面倒なものになったPCを再定義するものとも言えますが、新たな道の模索を止めて安直な道を選んだとも言えます。

iOSは行き詰まっている感があり、iOS 12ではタブレットに対するアプローチはありません。

iOS 12プレビュー
iOS 12は、アプリケーションの速さと反応の良さを一段と向上させながら、あなたが一段と多くの方法でつながったり、一段とパーソナルな方法で楽しめるようにします。ほかにも様々な新機能が登場します。

9月には新しいiPad Proが控えていますが、今年はタブレットの年ではないと考えています。もしかすると、1年交代でスマートフォンとタブレットに特化した機能開発を行っている可能性はあるので、来年のiOS 13では期待できるのかもしれません。

記事をシェアする

YouTubeも見てみる!

あわせて読みたい