新型OURA Ringを一週間使ってみた印象をまとめておくよ

2世代目のOURA Ringを使い始めてから一週間以上が経過したので、現在の印象をまとめておきます。

Oura Ring: the most accurate sleep and activity tracker
Oura Ring: the most accurate sleep and activity tracker is all about you: it measures the physiological signals of your body, understands your lifestyle, and gu...

2世代目で良くなった部分

2世代目は、厚みが2.55mmで重さが最大6gと薄くて軽くなりました。よって、指輪と同じ感覚で常時はめていられるようになりました。私は、機能が被るApple Watchと併用していることもあります。

初代をわかりやすく表現すると、典型的な成金がはめている巨大な宝石付いた指輪のようだったので、色々な場所にひっかかり邪魔になることがありましたが、薄く・軽くなった2世代目は使いやくなりました。

充電方法も変わりました。
2世代目は、専用の充電台の上に置くだけで充電できます。初代では、指輪と充電ケースの端子の向きが合うか確認してから、指輪をケースにはめ込むようにして充電します。ときどき端子が接触しておらず、充電できていないトラブルが何度かありましたが、2世代目ではこうしたトラブルに合っていません。

薄型・軽量化されているにもかかわらず、初代よりも動作時間が向上しており、スペック上は1週間は使えます。また、防水対応なので手洗いの時も気を使う必要はありません。

悪くなった部分がない

悪くなったと感じるところはありません。

あえてあげるならば、初代と出来ることが同じなので、人によってはこれがネガティブに感じるかもしれません。

もうひとつ、OURA RingにはバイブレーションやLEDなど通知に使えるような機能がありません。
たとえば、バッテリー切れになりそうな場合は、スマホにアラートが表示されて指輪からのリアクションはありません。私は不自由には感じていませんが、こうした部分に使い勝手の悪さを感じるかもしれません。

もともと造りたかった物がようやく完成した印象ですが、新しい機能を追加せずに薄型・軽量化に特化したのは大正解です。おかげで、フィットネスバンドよりも少ない負担で常時身に着けていられる物になりました。

とは言え、スマホで動作するアプリは日本語化されておらず、多くの人にお勧めできるものでもありませんが、唯一無二のガジェットです。





記事をシェアする

あわせて読みたい