3つの機能が集約、ワイヤレス充電器付きの目覚まし置き時計をレビュー

ワイヤスレス充電器付きの目覚まし置き時計を購入したのでレビューします。購入先はAmazonですが、長ったらしい製品名です。型番は、マニュアルにはSY-W02241と書かれています。

私が購入した時はタイムセールで¥2,000でした。色は、白と黒が選べたので黒を購入しました。



これで出来ること

これが持つ機能は以下です。

  • アラーム付きのデジタル時計
  • 3段階調整の常夜灯
  • Qi対応のワイヤレス充電

順に見ていきます。

アラーム付きのデジタル時計

時計はデジタル表示で、表示を12H/24Hで切り替えできます。12H表示の時はAM/PMと付きます。時計表示の明るさは3段階で時間で切り替わり、アラームはスヌーズ付きで、鳴っている最中に本体を叩くと5分間隔で2回まで鳴ります。

時計は電波時計ではありません。

3段階調整の常夜灯

ライトは時計の上部の付いており、本体横のボタン操作で3段階に調整できます。点けないこともできます。

Qi対応のワイヤレス充電

ワイヤレス充電は、Qi対応で最大10Wまで供給できます。
Appleが採用する7.5Wの出力に対応しているかは不明でが、iPhoneが充電できることは確認しています。充電用のコイルはひとつだと思われます。

本体横にはUSB-A端子がひとつあるので、これを使ってケーブル充電もできます。

本体を動作させる電源供給コネクタはUSB Cで、充電器が別途必要です。
これのアラーム、常夜灯、ワイヤスレ充電を同時に使う場合は、QC2.0かQC3.0に対応した充電器を使うようにと説明書には注意書きがあります。ケーブルは付属しています。

どう使っているのか?

デザインに特徴的な部分はありませんが、主張をしすぎることもなく、どこにでも合うデザインだと思っています。

私は、これを寝室の背の低い収納棚の上に置いています。
いつもケータイを枕元に置いて寝ているのですが、バッテリーの残りが少ない時はここに置いています。また、遮光カーテンを引いて部屋を暗くして寝るので、時計のLEDが一番暗い状態でも明るいと感じますが、わずらわしい感じではありません。

写真では分かりづらいが結構明るい

常夜灯は使っていません。アラームは、ケータイを使った方が簡単なので使っていません。

あると便利な機能がひとつに集約している製品です。ひとつ部屋にあれば重宝しますし手頃な価格です。気になる方はいかがでしょうか。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい