USB-C-Lightningケーブルで充電が最強すぎ

記事をシェアする

AnkerなどからMFi認証を受けたUSB-C to Lightningケーブルが発売されました。Apple純正しかなったケーブルですが、ようやくサードベンダーからも発売になり安価に購入できるようになりました。

このケーブルとUSB-C充電器を組み合わせると、iPhoneやiPadが高速充電できます。


私が使っているiPhone XRであれば、18W出力できると30分で最大50%充電できるので、充電はこれだけで済ませています。これはUSB-C充電器だけではなく、USB PDに対応したモバイルバッテリーでも同じです。

USB PD対応のモバイルバッテリーが¥2,000で買える

私が使うMOXNICEというメーカーの10000mAhのモバイルバッテリーは、USB-Cポートがあり、USB PD対応で18Wの出力できます。

高級感のある金属のケース。この分重いですけど…

このモバイルバッテリーは、USB-Cの入出力端子がひとつ、microUSBの入力端子がひとつ、Quick Charge 3.0に対応したUSB-Aの出力端子がひとつあります。私が使っているのは古いモデルで、モデルチェンジ後はUSB-Aの出力端子がひとつ追加されています。

これが¥2,000を切る¥1,899で販売されています。

これにAnkerのUSB-C – Lightningケーブル¥1,599を加えても、¥3,500納まる額で高速充電できる環境が手に入ります。

Apple純正以外の安価なUCB-C – Lightningケーブルが発売されて、環境構築の敷居は低くなったので、気軽にはじめられるようになりました。

毎日の使い方が変わる

高速充電の環境が構築できたので、朝出かける時のiPhoneのバッテリー残量を気にしなくなりました。バッテリー残量が少なくても15分も充電すれば、数時間はしのげるだけの充電ができます。これを体験すると1Aでの高速充電が遅くてストレスに感じます。

バッテリー充電は、使うために充電して備えておくという使い方から、残りが少なくなったら充電する使い方に変わり、余計な気を使う必要がなくなりました。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい