骨伝導ワイヤレスイヤホンAfterShokz AEROPEXとOPENMOVEを比較 Bluetooth 5.0 防水

骨伝導ワイヤレスイヤホンのAfterShokz AEROPEX(高級モデル)とOPENMOVE(普及モデル)が手元にあるので違いを比較してみました。

見た目はAEROPEXとOPENMOVEで、左右のボックス部分の大きさが違う程度ですが、装着感と音質、そして、充電環境が違うので、これらを中心に掘り下げていきます。

装着感がよいのはどっちか

結論から書けば、装着感が良いのはAEROPEXの方です。これは、耳掛けとネックバンドの作りの違いが生んでいるのでみていきます。

まずは、耳掛けの作りです。
どちらも格好はメガネのそれと似ていますが、AEROPEXは僅かな力で曲がる柔軟性を持っており、耳の形に添い負担がない状態で装着できます。OPENMOVEは、耳掛けの部分に柔軟性がなく動かないので装着した時に負担になります。

万人に合うものは作れず、必ず合う・合わないの個人差が出ると思いますが、私にはOPENMOVEが耳に合わなくて、着けていると耳の当たる部分が痛くて長時間は使えませんでした。私はメガネをかけないので、耳にかける物に対する耐性がなく、なおさら感じるのかもしれません。

耳掛け部分。左がAEROPEX、右がOPENMOVE

もうひとつは、首の後ろに回すネックバンドの作りです。
AEROPEXとOPENMOVEを比較すると、AEROPEXの方が細くて柔軟性があります。
このおかげで、色々な顔の形や大きさに対応できるのか、装着した時に骨伝導で振動を伝えるパッドが装着位置のもみあげ辺りにに均一に当たり、圧迫されている感覚が少なく感じます。

振動を伝えるパッド部分。左がAEROPEX、右がOPENMOVE


OPENMOVEは、ネックバンドが太く柔軟性がありません。よって、装着したときの圧迫が強く、パッドが均一に装着位置に当たっていないのか、長時間使っていると痛くなります。これは、顔の形や大きさで変わると思います。私のように大顔ではなく、小顔の人であれば印象は違うかもしれません。

ネックバンド部分。上がAEROPEX、下がOPENMOVE

音質がよいのはどっちか

AEROPEXの音には驚きました。骨伝導はチープな音だと思い込んでいたので、よい意味で裏切られました。ただ、ヘッドフォン並ではなく、高音と中音は許容できる音は出ていますが、低音は厚みを感じるわけではなくチープです。

こんなわけで音質基準はAEROPEXです。
これが基準だとOPENMOVEの音質はもの足りません。低音はチープで高音や中音は音の抜けが悪い印象です。たとえるならば、AEROPEXがCDで、OPENMOVEがFMラジオの印象です。AEROPEXよりも劣るものは使いたくないと感じるのが正直なところです。

ただ、Podcastのように音声がメインのコンテンツであれば、どちらを使っても印象は変わりません。用途が明確であれば、5,000円程度安く買えるOPENMOVEは賢い選択です。

充電が簡単なのはどっちか

最後、充電環境です。
AEROPEXは、充電に専用コネクタと専用ケーブルを使うのに対して、OPENMOVEはUSB-Cコネクタで充電して汎用ケーブルを使います。USB-Cで充電できれば、他で使っているケーブルや充電器が転用できるので運用面での汎用性が高くなります。また、ケーブルが断線したとしても替えをすぐに入手できるので利便性は高くなります。

AEROPEXは専用コネクタ
OPENMOVEはUSB Cコネクタ

充電環境が良いのはOPENMOVEです。AEROPEXは専用なのでこうもいきませんが、こうした批判も想定してか、2本充電ケーブルを付属する力技で解決をしています。

AEROPEXの専用ケーブル

結局、どちらが良いか?

価格をAmazonで調べると、AEROPEXが19,998円でOPENMOVEが9,999円です。価格差はおおよそ2倍です。おすすめはAEROPEXですが、先であげた内容以外にこの価格差を埋める違いがあるみてます。

まず、防塵防水性能が違います。
AEROPEXがIP67でOPENMOVEがIP55です。IP55のOPENMOVEでも問題ないと思います。フィットネス中に使うならば、より厳しい状況に耐えるAEROPEXは安心して使えます。これには、充電ポートに汗が溜まっているとアラートを出す機能があります。

次に連続再生時間です。
AEROPEXが8時間でOPENMOVEが6時間です。バッテリーが切れるまで連続で使うことは滅多にないと思いますが、毎日1時間程度使うと想定すると、AEROPEXは週末に充電する運用ができそうです。OPENMOVEの方は、週の後半にはバッテリー残量の心配をする必要がありそうです。

価格差を埋める大差はありませんが、私はAEROPEXを推します。
スペック表では確認できませんが、触れる部分が心地よいので、ここに価格差を埋める価値があると感じるのが推す理由です。

骨伝導に豊富な経験値を持つAfterShokzが手がけるだけあり、どちらも平均点以上の製品なのは間違いありません。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい