驚くほど電池が持つヤツやん:Feiyu Tech WGレビュー

ウェアラブジンバル『Feiyu Tech WG』を上海旅行に持ち出して、旅行中に使い込んだのでレビューを公開します。

一緒に使ったアクションカムはSJCAM SJ6 Legendです。

電池の持ちの良さに感激

Feiyu Tech WGを使って驚いたのは電池の持ちの良さです。

スペック上の電池駆動時間は3から4時間となっており、パッケージに予備電池が付いていたので、持ちが良くないものと思い込んでいました。

何度か止めているので連続ではありませんが、実感値は4時間は使えます。

SJCAM SJ6 Legendを1080p 30fpsの設定で、32GBのmicroSDめいっぱい撮っても、Feiyu Tech WGは電池切れにならず頼もしい限りです。

DSC00479

また、来月発表されるFeiyu Tech WGの後継機「Feiyu Tech WG2」は、6から8時間ほどの駆動時間になるそうです。これだけ使えれば、予備バッテリーを持ち歩く心配なく、1日使えそうです。

高い技術力が感じられる

Feiyu Techは、少なくとも日本では名が知れたメーカーではありません。

動きが安定しなかったり、長時間使うと強制リセットになるとか、色々と購入前は心配していましたが、旅行の道中、毎回、電池切れまで使っていましたが、動作は常に安定しており不安に感じることはありませんでした。また、強制リセットもありません。

考えれば、ジンバルメーカーのほとんどが中国です。
この手の製品では、国内メーカーをしのぐノウハウを持っているはずなので、購入前は、余計な心配をしていました。

間違えない操作系が良い

Feiyu Tech WGの操作ボタンはひとつです。

これを長押しして電源オン、この状態で長押しすると電源オフになります。このボタンをシングルタップ、ダブルタップ、トリプルタップ、4回タップで動作モード変更できます。どのモードで動作しているかは、操作ボタンに内蔵されているLEDの点滅方法で確認できます。

いくつかの動作モードはあるにしても、電源を入れて水平を取るためにしばらく静止していれば使えます。

Feiyu Tech WGを身に着けている時は、これを見て操作できないので、簡潔で間違いがおきない操作系はよく練られています。

使用時にノイズが発生している

よいところばかりではありません。

使っている最中は気付かないのですが、撮影した動画を確認するとジンバルのモーターをアクションカムのマイクが拾っています。

モーター音を確認とこれを消す検証動画をYouTubeに公開しています。

キリキリと聞こえる金属音のようなノイズは、2800Hz中心にして+-100Hzの範囲でノイズが乗っているので、これをFinal Cut ProのEQ機能で目立たないように調整してみました。

結果は動画で確認してもらえますが、気にならない程度のノイズを押さえられています。ただ、もう少し試行錯誤する余地がありそうなので検討してみます。

ボタンの点滅ランプが暗がりでは煩わしい

Feiyu Tech WGには、操作ボタンがひとつあります。

これには青色のLEDが内蔵されており、動作している時はモードを示すために常時点灯しています。日中の屋外では気になりませんが、薄暗い屋内や夜だと目障りです。

旅行中、もしかすると他人も同じことを感じているかもと考えて、何度か気をつかいました。

あと少し輝度が下がると気にならないと考えているので、半透明のテープを貼るなど、DIYで対策をするつもりです。

シェアする

関連記事一覧