ノートPCの再発明?iOS 11でiPad Proが大きく変わる

OS 11とiPad Proから見たWWDCと言った切り口で、All Aboutに記事を書きました。
よろしければアクセスして読んでください。

ノートPCの再発明?iOS 11でiPad Proが大きく変わる
Appleが進める「iOSファースト」のOS戦略の中で、iPad ProはiPhoneの影に隠れがちでしたが、iOS 11とiPad Proのコンビで、PCが持つ生産性を追求することが明確になったので詳細に迫ります。

iOS 9では、足りなかった

iOS 9で取り入れたSplit ViewやSlide Overは、iOSにタスク管理の概念を持ち込みましたが、これでは不自由分でした。要は、これまでと変わらず使いたかったワケです。iOS 11で、こうした声に応える機能が追加されることになります。

たとえば、ドラッグ&ドロップやファイル管理アプリなど、macOSで使われている操作やアプリをiOS 11に盛り込んだのが正にそうです。

まだ、足りないものがある

これでiOSが汎用OSに近づくことになりますが、足りないピースがあるとするならば、Type-AのUSBポートだったり、有線LANなどの他のデバイスとの接続性かもしれません。

もしかすると、iOS 11のリリースと同時に、Lightning接続のポートリプリケータが登場する可能性もあります。秋のリリースが楽しみです。

シェアする

関連記事一覧