自宅のプチリフォーム進行中です

電気スイッチの大型化

家中のスイッチを大型の物に交換しました。この程度であれば、スイッチの種類が分かれば自分でも交換できますが、スイッチ交換は電気工事士の資格が必要なので電気屋さんにお願いしました。

DSC01781

交換前のスイッチ。これは、1971年から続くデザインです。

交換したスイッチは、パナソニックのコスモワイド21で、トグル動作で状態を気にすることなく押せば良いだけものものです。

DSC01783

交換後のスイッチ。大型化して使い易くなりました。

また、ほとんどのスイッチをほたるスイッチにして、動作状況が分かるようにしました。

DSC01791

スイッチ | 商品ラインアップ | コスモシリーズワイド21 | スイッチ・コンセント(配線器具) | Panasonic
押しやすいワイドなスイッチと、インテリアになじむシンプルなデザインが好評の、コスモシリーズ ワイド21。色・デザイン・機能を多彩に取りそろえた、住宅用配線器具のまさにスタンダードです。

機械式のスイッチではなくタッチ式のスイッチも発売されており気になりましたが、ユニットひとつが定価で1.48万円なので、も少し値段がこなれてくるまで待つことにして、見送りにしました。

[タッチ]LED調光スイッチ(2線式) | アドバンスシリーズ |スイッチ・コンセント(配線器具)| 電設資材 | Panasonic
パナソニックのアドバンスシリーズLED調光スイッチ(2線式)」は、指先で軽く触れるだけのタッチ調光操作で照明を直感的にコントロールできます。ホワイト・グレー・ベージュの3色展開で、どの部屋にもなじみます。

ただ、タッチ式で得られる軽い操作感よりも、自動でオン・オフする方が便利なので本当に必要かは微妙ですね。

調光スイッチ

リビングの調光スイッチもLED電球に対応したものに交換しました。

DSC01792

これまでは、白熱灯用の調光スイッチだったので、時々ちらつくことがありました。これを電気屋さんに相談したところ、LED対応の調光スイッチを使うとことで軽減されるそうです。交換したスイッチは以下のものです。

[LED]埋込調光スイッチ | 調光機能付きスイッチ | 商品ラインアップ | スイッチ・コンセント(配線器具) | Panasonic
LED照明用の調光スイッチで、豊かなシーンの演出と省エネの両立を実現します。

確かにチラつきは軽減されました。というか、いまのところ全く発生していません。結構なストレスだったので、交換して良かったです。

また、白熱灯対応の調光スイッチは、LED電球だと段が付いたような調光になっていましたが、交換した調光器で白熱灯を使っていた頃のように、無段階に光量が調整できるようになりました。

壁のコンセント

2口あった壁のコンセントをひとつ潰して、埋め込みのUSBコンセントを2口付けました。

DSC01782

交換前のコンセント。古めかしい感じ。

DSC01789

交換後のコンセント。モジュラージャックの変色が気になる。

コンセントは、USB 1ポートで¥4,410、2ポートで¥5,860なので、2ポートの方がお得なんですが、ポートの合計出力が2Aなので同時に使うと、充電に時間がかかるかもしれません。

埋込[充電用]USBコンセント | アドバンスシリーズ | スイッチ・コンセント(配線器具) | Panasoni
埋込USBコンセントはスマートフォンなどのUSB対応機器の充電に対応しています。定格2Aを採用しているので、タブレット端末でも充電可能です。

ホテルのような見た目になりますが、スッキリした見た目になったので気に入っています。

記事をシェアする

YouTubeも見てみる!

あわせて読みたい