やっぱり違うなぁ…HHK Lite for Mac

最近、キーボードを物色しているのですが、しっくり来る物が見つけることが出来なくて困っています。

少し前までは、国内でもMac用キーボードは、選べる状況だったと思っているのですが、今、探してみると選択肢の無さに驚かされます。

私の選択肢を狭めている理由に、英語配列のキーボードを愛用していると言うのが上げられます。私は、最初のMacから、何故か英語配列のキーボードを使っていて、それ以降、英語配列のキーボードで使い続けています。

国産キーボードの雄『HHKB』は、英語配列でMac専用のモデルが用意されているので、物は試しにと買ってみました。

続きは、[more]をクリックして下さい。

まだ、長時間使っていませんが、現状の印象は「なんか違う」です。
一番違和感を感じているのは、Commandキーが、普通のキーと同じサイズであることです。Mac専用と言うのであれば、少し大きめにして欲しかったところです。写真を見れば分かる話で、承知の上で購入したのですが、違和感を覚えるまでは、無いと考えていたのですが検討違いでした。
また、良く言われるUNIX配列(ControlキーがAの横にある)も、私は、MacをUNIX的に使わないので、有り難みは殆どないもので「どちらでも良いか」と言った印象です。
キータッチは、価格の割に良く、大きく分ければ好みの部類ですが、押した時の音が少し気になるのと、キーが底突きした時の感じが好みではありません。
稼働部分がこなれてくれば、印象は変わってくると思いますが、HHKB Lite for Macの第一印象は「やっぱり違うかなぁ…」と言ったところです。

最近のMacユーザーは、Apple純正のキーボードしか買わないのですかねぇ。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい