AndroidWearが登場しましたね

WIMM Oneの復活なのか、Googleからウェラブル用のプラットホーム「AndroidWear」が登場しました。

Android Wear | Android Developers

ドキュメントと出てくるデバイスを見る限りでは、Google Nowをベースにした通知がメインのデバイスになりそうなので、腕に覚えのあるプログラマとっては、物足りないデバイスと言ったところでしょうか。直に、アプリが動きますとなるのでしょうか。

将来的には、腕時計側のセンサーから得た情報をスマホ側で処理できるようになるはずなので、どんなデバイスが登場して、どんな使い方をすることになるか楽しみです。

たとえば、ライフログ系のデバイスは、名前の通りロギングがメインなので、もう少し踏み込んで、サービスの中に、生活習慣に関するアドバイスをしてくれる仕組みがあると、より現実的な物になるのではないでしょうか。

たとえば、歩数計でも、今週は距離が少ないから「週末は、これくらい歩あるきましょう」とかアドバイスして欲しいし、睡眠ログも記録するだけではなく、「今日は早く寝ましょう」とかアドバイスしてくれないのかなぁとか考えることがあります。

あと、AndroidWearで注目するするのは、ユーザーインタフェースでしょうか。通知情報をカードのように提示するインタフェースは、Google Nowとも馴染みやすくて、分かりやすいユーザーインタフェースです。なんてことはありませんが、私は結構好きなので、デバイスが登場したら入手したいと思います。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい