Macでも使えるよっと!:ThinkPad Bluetoothワイヤレスキーボードレビュー

MacでもThinkPad Bluetoothワイヤレスキーボードが使えます。
全国のThinkPadファンの皆さんは涙目ではないでしょうか。私も仕事用として、ThinkPadを使っていた時期があるので、久しぶりの使用感に涙目です。

トラックポイントも使える

キーボードが使えるだけではなく、なんとトラックポイントも使えます。
Macでトラックポイントを使うのは不思議な感覚ですが、残念なことに、真ん中の青いボタンを押しながらトラックポイントを操作するスクロールが出来ません。

Macではミドルボタンとして認識されているようです。このあたりは、Windowsでもドライバーで実現している部分なんですかね。

キーボードは、Windowsキーがcommandキーになるので、入力モードの切り替えは「Windows+スペース」です。漢字キーはチルダとして動作しています。他の無変換や変換、カタカナ/ひらがなキーは動作しません。ファンクションキーは、F1からF3の音量調整、F5とF6のディスプレイの輝度調整は刻印通りに動作しますが、他は動いていません。

他は刻印どおりに使えます。キーボードとしてはストレスなく使えます。

IMG_0288.JPG

やめられない使用感

余程の好き者でない限りは、Macでこのキーボードを使う理由はありません。

ただ、凹んでいるキートップは吸い込まれるように正確にタイプできて、純正キーボードでは味わえない使用感です。また、ホームポジションから手を動かさずに使えるトラックポイントの使い勝手も悪くありません。

Mac版は絶望的でしょうし登場しても大ヒットはしないと思います。しかし、一度使うと忘れられない使用感なので固定客は間違いなく付くと思います。私もMac版が出るならば、買い足したいほどです。

現状でも使えないことはないので、気になる方はいかがでしょうか。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい