iOS 9のカーソル移動と文字選択の方法はマスターすべき

記事をシェアする

iOS 9では、キーボードを二本指で長押しするとカーソル移動モードになるのはご存知かと思います。3D Touchに対応している端末であれば強く押しこむことで、この機能が使えます。

この機能のおかげで、MacBookのトラックパッドを操作するような感覚で、カーソルを自由に移動できるので使い勝手がよくなります。余談ですが、文字単位ではなく本当にカーソルのように移動できる実装したのはセンスが良いですね。

文字選択もできますよ

同じ操作の延長で、文字選択ができるのをご存知でしょうか。

たとえば、私が使っているiPad Proであれば、まずは、キーボードを二本指で長押しします。しばらくすると、黄色いカーソルが表示されてカーソル移動モードに入ります。この長押しをもう少し続けると、カーソルの上下に黄色ボールが付きます。これで文字選択モードに入ります。あとは、指を移動するだけで文字を選択できます。

iOSでの文字選択は絶望的でしたが、これで簡単にできるようになりました。

操作を覚えれば、作業効率が上がります

たとえば、所定の場所にカーソルを移動して文字列を選択する場合は、カーソル移動モードでカーソル位置を移動したあと、文字選択モードで文字列を選択する流れ使うことになります。キーボードを使うことを思えば、まどろっこしい操作ですが、この操作を覚えておくと、iPadで少し長めの文章を書いたり、編集する場合などで作業効率がかなり変わって来ます。

この操作はiPadでしか使えないようで、iPhone 6s Plusで出来ませんでした。それでも出来ても良い機能だとおもうのですがね。

Tipsとして、カーソル移動と文字選択は、滑りのよいガラスフィルムを貼り付けていると使用感がさらに良くなるのでお試しください。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい