iPad Proをドヤリングした時のみんなの反応まとめ

iPad Proを持ち出して、ドヤリングしてみました。その時の反応をまとめておきます。

  • 手にしてみると意外に軽い。もう少し重いと思っていた。
  • 大きいけど意外と薄い。
  • ホーム画面のアイコン数は、これまでと同じ数なのか(笑)
  • Apple Pencilは買ったの?(私の用途だと使い道が見つからないので買ってません)
  • お絵かきには使えそうだ。
  • マンガを見開きで読むのには良いかも。
  • 使ってみると良いかも。欲しくなってきた。

iOS 9で実装されたSplit Viewやピクチャ・イン・ピクチャなどを見せてみましたが期待したほどの反応はありませんでした。このあたりは、実際使ってみないとピンと来ないですよね。

最初は、大きさに驚いて、この話題に終始しますが、少し時間が経って慣れてくるとしっくり来るようで、それほど違和感はない印象です。買った本人の手前否定的なことが言えないだけかもしれませんが。

ただ、私もそうですが、慣れてしまえばiPad Airとかが小さくで使いづらいと感じるんですよね。タブレットは、画面が大きくなると、操作面も大きくなりますから。

もうひとつ、プログラマなどエンジニアにiPad Proを見せると新しい可能性を探ろうとして興味を持ち、エンジニア以外に見せると、いまタブレットで出来ていることをiPad Proに照らし合わせて、どのような使い心地になるのか興味の対象のように感じました。

好対照の反応で面白いですね。自分がレビューを書くことに、どこに視点を置いて書くべきかの参考になります。





記事をシェアする

あわせて読みたい