充電が楽になるのか?『GECKO ヤモリ』に出資しました

Indiegogoで出資を募っている「GECKOヤモリ」に出資しました。

GECKO - 1$ Magnetic wireless charging for mobiles
Transform USB cables and power-banks into a magnetic wireless-style charging pod/data sync station. | Check out 'GECKO - 1$ Magnetic wireless charging for mobi...

最近は、KickstarterやIndiegogoでの出資を自粛していたのですが、キャンペーンページを見た時に、シンプルで使い勝手が良く、既存製品のネガティブな部分も解決しそうなアイデアに「なるほどね」と関心したので出資を決めました。



どんなものか?

どういったものかと言えば、私はiPhoneを使っているので、これを例に進めます。
GECKOは、iPhone本体のLightningコネクタとLightningケーブルに装着するアダプタで、それぞれが磁石で脱着が可能になっており、くっついている時にだけ通電するような仕組みになっています。

これで何が嬉しくなるかと言えば、ケーブルを抜き差しする手間が省けることにつきます。Xperia Zシリーズの充電コネクタがこんな感じですが、あれと同じような感覚でiPhoneを充電できると言うワケです。クリエーターもこれをヒントにしているのかもしれません。

類似品との違い

似た製品は、いくつかあります。
GECKOに関心したのは、コネクターの差し込み口に対して垂直にケーブルを接続するのはなく、アダプタの先についている丸い部分をiPhoneとケーブルで重ね合わせるように接続して使うところです。垂直に接続するものだと、ケーブルに軽く触っただけでも外れてしまうことがあり使う時に気を使います。GECKOのように、重ね合わせるように使う場合でも同じことは言えますが、端末の自重があるのでケーブルを下にして端末を上に置くように使えば、気軽に使えるのではないかと想像しています。

また、既存のケーブルを活かせるところもポイントのひとつです。

出資額は、double packを選択すると$19した場合は、現在のレートで2,300円程度です。
このdouble packで、コネクタ、アダプター、ドングルが2個ずつで、Lightningかmicro USBを選択できます。

納期は2016年2月で設定されています。納期どおりに到着したことはないので、恐らく4月か5月くらいには到着するのではないかと思います。

予約販売ではありません

クラウドファンディングでの出資は予約販売ではありません。
Kickstarterでもそうですがクリエーターが音信不通になるケースもあります。下手すれば出資額を無駄にすることもあるリスクは十分承知するべきです。私もひとつ、クリエーターがだんまりを決め込んで無駄にしているものがあり、もう諦めています。

たとえば、キャンペーンページを観て、チャレンジに関心したり、製品化される過程を共有したいと感じるのであれば、出資を決めるのが良いかと思います。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい