iPhone 6s Plusを使い始めて変わったこと、変わらないこと

記事をシェアする

iPhone 6s Plusを使い始めて4ヶ月が経とうとしています。
これの前に使っていたのがiPhone 5sなので、サイズがイッキに大きくなりましたが、そのせいか使い方が変わってきたのでご紹介しておきます。

最初に、iPhone 5sから変わらずやっていることをあげておきます。

  • 電話をかける
  • SNS、ウェブのチェック
  • 音楽を聴く
  • Podcastを聴く

仕事でも使っているので、意外に電話として使っている割合が多いのは確かですが、他によく使っているのはPodcastを聴くことです。特別ラジオ好きではありませんが、ながらで聴けるメデイアとして気に入っています。

また、最近はテック系のPodcastも多くて情報収集の手段としても活用しています。私がよく聴くテック系のPodcastは以下です。いずれも面白く、ためになるものばかりなのでオススメです。

Backspace.fm
Rebuild
mozaic.fm

iPhone 6s Plusで訪れた変化

さて、iPhone 6s Plusを使うようになってやり始めたことは以下になります。

  • 電子書籍を読む
  • 録画したテレビを観る
  • 原稿を書く

iPhone 6s Plusを手に入れる前は、どれもiPad Air2を使っていました。

どれもiPad Ari2でも出来ることなんですが、特に「録画したテレビを観る」はストレージ容量が128GBに増加したために使い方が変わりました。iPhone 6s PlusとiPad Air2では画面サイズが違いますが、iPhone 6s Plusの画面サイズであれば不満は感じていません。

「電子書籍を読む」は小説が主ですがKindle Paperwhiteを使わなくなりました。iPhoneは、いつでも持っているところが最大のポイントです。

「原稿を書く」は、Belutoothキーボードを使う機会が減ってソフトキーボードを使っています。理由は、端末を両手で持ち親指を使ってポチポチと入力していくのでも十分使えるからです。また、この機会に使ってなかったATOKを使いはじめたのも変化です。

iPad Proが手元にあることもありますが、最近はiPad Air2が中途なサイズだと感じています。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい