2012年以前のKindleをお持ちの方、3月22日までのアップデート必須です

あと3日ですよ。

第5世代のKindle Paperwhite以前のKindleのお持ちの方は、2016年3月22日までにKindleのアップデートを行う必要があります。アップデートを行わないと「Kindleを接続できない」とエラーメッセージが表示されるようです。

いつ頃からアナウンスが行われているのか知りませんが、Amazonがアナウンスを行っているので、アップデート方法などは以下のリンクをどうぞ。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle電子書籍リーダーのソフトウェアアップデートに関する重要なお知らせ

私もKindle Paperwhiteの第5世代を所有しています。これのシステムソフトのバージョンを確認すると、最新版とされている5.6.1.1よりも古かったので、手順にしたがってアップデートを行いました。



切り捨てるワケにもいかないだろうし

アップデートしないと表示される「Kindleを接続できない」のエラーメッセージは、意味が分かりませんが、推測するに接続先のサーバーが新・古いと2系統になっていて、両方と面倒を見るのが大変で1系統に絞りたくてアップデートを急がせているのかもしれません。

Kindleのアップデートは、バッテリーさえあれば自動で行われるのですが、バッテリー切れ状態になっている端末が多くて、思ったほど最新のシステムソフトにアップデートできていないのかもしれません。また、製品の性質上、古い端末を簡単に切り捨てるというワケにもいかないはずで、Kindleのサポートはなかなか難しいですね。

Amazonから電子書籍を購入する習慣は変わっていませんが、iPad ProかWindowsタブレットのKindleアプリを使って読書するスタイルに変わっていて、Kindle Paperwhiteを使う機会が極端に減っています。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい