RICOH THETA SCが気になる。RICOH THETAがお手頃価格になりましたね

記事をシェアする

全天球カメラのRICOH THETA Sの新モデル「RICHO THETA SC」が発表になりました。発売日は10月28日です。

製品紹介 | RICOH THETA SC
1回のシャッターで、あなたを取り囲む全ての景色を簡単に撮影することができます。RICOH THETAで、今までにない新しい映像体験をお楽しみください。

本体カラーがブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色展開になったのもありますが、写真撮影部のスペックはほぼ据え置きで、3万円を切る価格設定です。Amazonが予約を受け付けており価格は¥29,520です。THETA Sが同じAmazonで¥38,520円なので、¥9,000も安くなったことになります。

価格の違いは動画機能の違い

安いのにはカラクリがあって、動画撮影部のスペックはTHETA Sの方が上で、1動画あたりの記録時間が25分だったのが、THETA SCでは5分に短縮されています。また、ライブストリーミング機能やHDMI端子省かれています。

以下には、比較したスペックを公開しておきます。

THETA S THETA SC
外寸(幅×高さ×奥行き)(mm) 44 × 130 × 22.9 45.2 × 130.6 × 22.9
重さ 約125g 約102g
本体カラー ブラック ブルー、ベージュ、ピンク、ホワイト
有効画素数 1200万画素 1200万画素
動画1回の最大記録時間 25分 5分
ライブストリーミング機能 あり(UVC,HDMI)
外部インターフェース USB,HDMI USB
内蔵メモリー 約8GB 約8GB
アプリケーション iOS/Android/PC iOS/Android/PC

昨年の11月ごろ、年末のフロリダ旅行に欲しかったのですが品不足で入手出来ませんでした。
12月も中旬ごろになって入手できるようになりましたが、旅行までに使い込む時間がないので買いませんでした。旅行から帰ってきた後は、欲しい熱も冷めてしまい静観していました。

同じ価格帯に『Insta 360 Nano』がある

魅力的になったTHETA SCですが、同じ価格帯(っていうか下)にInsta 360 Nanoがあって、悩ましい存在となっています。

Insta360 360 Camera - Insta360, the leader in 360 cameras
Founded in 2014, Insta360 is the world leader in 360-degree cameras. Insta360 empowers people to freely share experiences – full, immersive, lived experiences –...

Insta360 Nanoは、iPhoneのLightningコネクタに差し込む全天球カメラです。
価格はAmazonで¥23,999です。撮影した写真や動画をすぐさまiPhoneで確認できるので使い勝手は良さそうです。

insta_img01

どうせ買うのであれば、これかなぁと思わせる魅力を持っています。

DJI Osmo mobileを買ったワケです

と書いておいて、Insta360 Nanoを買わないワケは「DJI Osmo mobile」を購入したからです。

DJI Osmo Mobile – スマートフォンでも手ブレ知らずの映像に – DJI
動作を再現して、かけがえのないシーンを、Osmo Mobileで撮影しよう。Osmo Mobileの高度な技術は、アクションショットに最適です。 すべての瞬間は滑らかでプロレベルな映像として撮影され、SNSにすぐにシェアできます。詳しくは、DJI.comをご覧ください。

全天球カメラとは違うのですが、たとえば、旅先で全天球カメラだけで済ませることができるワケではなく、普通のカメラも使いたくなるはずで荷物が増えるのは嫌なので、買うまでに至っていません。

どうせ荷物が増えるならば、手ブレ無しの動画撮れるOsmo mobileに魅力を感じて購入しました。これのアクティブトラッキングやモーションタイムラプスが面白うだし、手ブレしない写真撮影にも使えるので活用の幅がありそうです。

また、買ったばかりで使い込めていませんが、DJI Osmo mobileとiPhone 6s PlusかOnePlus 3の組み合わせで使い込むつもりでいます。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい