違ったものをが欲しくなる:タイヤ交換をお願いしてきました

たまには、ガジェットではないエントリーも公開します。

愛車のタイヤが交換時期なのでお願いしてきました。いつもならばグランドスラムにお願いするのですが、今月末で閉店になるので、近所のフジタイヤへお願いしました。

ここは、CITROEN C2のタイヤ交換をお願いしたことがあって、悪い印象はなかったのでリピートしました。



現在のタイヤはコレ

いま履いているタイヤはMichelin Pilot Sports 3です。

Pilot Sportsは、CITROEN C2とMercedes-Benz SLKで幾度となくリピートするほどの好印象タイヤです。

MICHELIN PILOT SPORT 3(パイロット スポーツ スリー) | 日本ミシュランタイヤ
強力なウェット&ドライグリップでクルマと路面の一体感を実現。幅広い車種に対応したタイヤ「MICHELIN PILOT SPORT 3(パイロット スポーツ スリー)」の製品紹介ページ。是非最寄りのミシュランタイヤ取扱販売店でお求めください。

ミシュランタイヤは、サイドウォールとスリップサインとして使われているビバンダムも可愛いですよね。

DSC00076

で、現在のタイヤの状態ですが、フロントタイヤはヒビ割れが酷くて、いい加減交換しないと危険な状態です。リヤタイヤは、フロントタイヤほどではありませんがヒビが散見しています。

DSC00074

距離はたいして乗っていないので、フロント・リアともに溝がまだ残っています。惜しい気もしますが安全第一です。

新しいタイヤはコレ

同じMichelin Pilot Sports 3をリピートしても良いのですが、違ったモノを欲しくなるもので、今回はPIRELLI P ZEROを選びました。

P ZERO™ (PZ4) 255/55R19 | Pirelli
P ZERO™ (PZ4) 255/55R19 - New P ZERO は、車とSUVのウルトラハイパフォーマンスカテゴリーのPirelliのタイヤ技術を駆使して作られた最新モデルです。

PIRELLIを選ぶ理由はF1のイメージですね。サイドウォールにある「P ZERO」のロゴだけでテンションが上がります。F1のスーパーソフト風に赤く塗りますかね。

さて、これを選んだ理由はあと2つあります。

ひとつは、Pilot Sports 3よりも価格が安かったことです。ふたつめは、Mercedes-Benz公認タイヤ、いわゆるMO(Mercedes Original)タイヤと呼ばれるモデルがあるからです。

純正部品
私たちは万全の体制で「点検」「メンテナンス」などの“アフターサービス”や“情報の提供”を行っています。

MOタイヤはContinentalにもありますが、PIRELLIよりも高価なので選択肢から外しました。

当然ながら店頭在庫はなく、メーカーから取り寄せになりますが、週明けには交換になるので、これで安心してクルマに乗れるようになります。

エアバルブ交換の話し

エアバルブを真鍮に交換しないとお話しを頂きました。

DSC00077

真鍮に交換するといまのバルブキャップが使えず、別の物に変える必要があります。

いまのバルブキャップは気に入っているのと、純正品の販売が終わっているモノなので交換は断りました。耐久性の面では真鍮の方が有利なんでしょうが、余分なコストはかけたくないのも理由です。

さて、最後にアクシデントがありました。詳細は以下のブログに反省文が掲載されるはずです。

http://nya-chibi.sblo.jp





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい