キックボード『Oxelo TOWN 9 EL』を買いました:はじめて乗ってみたよ

Oxelo TOWN 9 ELを購入してから、出張続きで試し乗りする機会が無かったのですが、ようやく乗ることが出来たので印象をまとめておきます。



意外にスピードが出る移動手段

キックボードどころかスケボーに乗ったことが無かったので、うまく乗りこなせるのか心配でしたが、3分程度で慣れて意図した通り動かせるようになりました。

馴れると驚くのが意外にスピードが出ることでした。
タイヤも小さいし片足こぎなんで、歩くよりも少し速い程度のスピードだろうと想像していたのですが、自転車を軽くこいでいる程度のスピードは簡単に出ます。歩きでは20分程度かかるところが、キックボードでは10分ほどで移動できました。

物にもよるのかもしれませんが、Oxelo TOWN 9 ELは予想していたよりも転がり抵抗が少なくて軽い力で移動できます。キックボードは、良くて2km圏内程度の移動にしか使えないと考えていましたが、もう少し遠出をしても苦にはならなさそうです。

DSC00958

キックボードは、はじめてなので、馴れている人からすれば当然かもしれませんが、ハンドルに手をかけてボードに足を乗せている状態で、前後の重量バランスが取れています、これが、ボードから足を外すと前輪だけに荷重がかかってバランスが悪くなります。ボードから降りて押す時がこの状態で、この時に道路の出っ張りにひっかかると、つんのめるので注意が必要です。

ハンドブレーキ付きにして良かった

Oxelo TOWN 9 ELは、ハンドブレーキの付いたモデルです。
ブレーキは、自転車のそれと同じ要領で使えるので、このモデルを購入して良かったと感じています。

DSC00954

ハンドブレーキー無しモデルは、後輪のタイヤハウスを足で踏んで、後輪タイヤにそれを押しつけてブレーキをかけます。これは、いままでやったことがない操作なので馴れるまでに時間がかかったはずです。

ブレーキは自転車のブレーキのように、ブレーキを握った分だけ利く印象がないので過信は禁物です。もうひとつ、後輪にしかブレーキが利かないので、止まる時は、少し余裕を持ってブレーキをかけた方が安全に乗ることができます。

もう少し検証してみます

30分程度乗った印象は、こんな感じです。自転車とは、また違った面白さがあって楽しかったです。

キックボードに乗る目的は、運動不足を解消するためと通勤の足に使うためになので、もう少し長い距離を移動して、通勤の足に使えるのか検証したいと考えています。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい