Boxster Sを逃がした:SLK55 AMG復活しました

先日、愛車のSLK 55 AMGの右リアのスタビライザー・ロッドが折れたエントリーを公開しましたが先週末、修理が終わって帰ってきました。



同じ状況の人はいないのか

折れた部品の名前は「スタイビライザー リンクバー」と言うようで、これをキーワードにして検索してみると、他に同じ現象に遭遇している人を見つけました。

[メルセデス・ベンツ SLK]スタビリンクブチ折れた!
みんカラ(みんなのカーライフ)とは、あなたと同じ車・自動車に乗っている仲間が集まる、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)です。

この方も突然だったようですね。

社外パーツは、どうなのか?

折れてしまうのであれば、強化パーツがあるのはないかと考えて、探してみました。

たとえば、MEYLEというメーカーが販売している該当部品はプラスチック素材です。

現行のSLC AMGでは、同じパーツでもアルミ製の強化パーツが販売されていますが、私が乗っているR171型のSLKでは、より高性能なBlack Seriesにも強化パーツが設定されていません。R170型のSLKは、シャシーが同じで足回りは共用部品が多くありますが、これも強化部品はないので、プラスチック素材でも問題がないのかもしれません。

FireShot Capture 4 - Online catalogue - _ - http___www.meyle.com_en_service-centre_online-catalogue_

採用車種の多く、古くから使われているパーツ

壊れたパーツは、W210 E55 AMGにも使われています。これは365馬力、トルクは54kg、重さは1.7トン程度です。馬力とトルクはR171 SLK55 AMGと変わりありませんが、150kg程重いのでSLK55 AMGで同じパーツを使っても、少し余裕がありそうです。

該当パーツは、80年代に一世風靡したW201 190Eの頃から使われており、採用車種も多くあるパーツです。AMGだからと言って、特別なパーツが使われてなく、広く流通しているしているので交換時間は短く、費用は安くですみました。

予防措置をとりました

今回は、右リアのリンクバーが折れましたが、同じ部品が使われている左リアも折れる可能性があるので、予防整備ってことで交換をお願いしました。

部品代は、ひとつ¥2,400で合計¥4,800です。工賃が¥9,450で部品代よりも高くつきました。クルマを預けてから4日ほどで手元に帰ってきました。

このリンクバーは、純正パーツでなければ、¥1,500で購入できます。

https://item.rakuten.co.jp/kurumayouhin-buhin/124-320-0289a/

Mercedes-Benzだからと言って、なんでもかんでも高価なワケではなくリーズナブルな物も結構あります。もちろん共用部品でない、専用部品はため息が出るくらい高いです。

今回、新品に交換しているので、クルマの寿命が尽きるまで持つかもしれませんが、足回りのパーツなので今後も心配は残ります。ただ、多くのクルマで採用されていて、問題が出てないということは、今回がレアケースだったと考えることもできて心配しすぎかもしれません。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい