#04:Apple WatchとFitbit Versaを比較してみた

Apple WatchとFitbit Versaの比較4回目の最終回です。
スマートウォッチは、スマホ同様に生活必需品になりつつあります。こうした視点で両方を比較していきます。

1回目はこちらから。
2回目はこちらから。
3回目はこちらから。

フィットネストラッカーとして

フィットネスデバイスとしてみれば、Fitbit Versaは申し分はなく仕上がりです。Apple Watchには、いまだ標準で出来ない睡眠計として使えますし、フィットネスの自動認識も優れています。私はウォーキングばかりですが…

DSC01757

Apple Watchは、watchOS 5からワークアウトを自動認識するようになりましたが、私の歩き方が特殊なのかウォーキングを認識しない場合があります。早く歩くと認識されるので、歩く速度が遅いのかもしれません。また、コンパニコンアプリは、Fitbitのそれと比較するとプラットホームに徹している印象を受けます。

P1000317

フィットネストラッカーとしてみれば、Fitbit Versaは最高の部類で不満なく使えます。ただ、ハードウエアのデキの良さをみると、ソフトウエアのデキには不満を感じます。たとえば、コンパニコンアプリにあるフードトラック機能は、あるけど使うまでに至りません。これがFitbit Versaでも使えるようになれば、利用頻度もあがるはずで、現状は埋もれてしまっている印象を受けます。

どっちらを選ぶ?

最後にどちらかも選ぶかを書いておきます。

iPhoneを使っていることが前提ですが、いまのスマートウォッチを体験したいのであれば、全方位のApple Watchを選ぶべきです。しかし、利用目的が日々のフィットネスの記録と明確ならば、Fitbit Versaは間違いない選択です。また、これはApple Watchと比較すると安価なのも魅力です。ただ、フィットネスの記録がメインならばFitbit Chargeという選択肢もあります。

いずれにしても、1年半くらいで買い換えることになるはずなので、欲しいと思った時のインスピレーションで選んでも後悔はしないデキです。

私は、Apple Watch Series 4を入手して久しぶりに使っていますが、iPhoneと密に連携するところや通信機能や支払機能に満足して使っています。





記事をシェアする

あわせて読みたい