iPhoneケースは純正がベストと実感!

奥さんのお下がりのiPhone 7 Plusを使い始めました。せめてケースは新調しようと考えて、Apple純正のレザーケースを購入しました。

iPhone 7 Plusは継続販売されている機種なのと、ケースはiPhone 8 Plusとの共用なので他にも選択肢がありますが、なぜApple純正ケースを選んだかを書いておきます。

Apple純正レザーケースを選んだ理由

純正レザーケースを選んだ最大の理由は、背面にAppleロゴが付いているところです。
ケースを付けると背面のAppleロゴが隠れてしまいますが、純正レザーケースは型押しのロゴが背面にあります。これはサードベンダーがどれだけ頑張っても同じことはできません。

純正ケースにはシリコーンケースもあります。これを選ばなかったのは、iPhone 6s Plusを使っていた時にチャコールのシリコーンケースが、使い込むと皮脂ヨゴレが目立ってみすぼらしい印象を受けたためです。レザーケースには、使い込むほどに風合いが良くなることに期待しています。

P1000309

右がシリコーンケース、左がレザーケース

もうひとつ、仕立てとフィット感の良さは純正ケースならではです。
サードベンダーのケースでも、最近はよほど粗悪なものを買わない限り、フィットしないものはありませんが、なにひとつ不満を感じず、ケースを付けていることが当然と感じる存在です。また、多くの周辺機器が純正ケースで動作確認を行っているはずで、使っていて不自由を感じないのも良いとこです。

でも、ダメな部分もある

よい所だけではなく、ダメなところも上げておきます。

まず、¥5,800(税別)と高価です。
iPhone用のケースは、これよりも高価な物はたくさんありますが、逆に安い物もたくさんあって、上を見ても下を見てもキリはありませんが、この値段で止めるという人も多いはずです。GalaxyのSamsung純正ケースも同じ価格レンジなので、純正ケースは「このくらいの値段」と納得しています。

もうひとつ、手に持つとすべります。革特有の手に吸い付く感じはありません。
すべって落として本体は守られたものの、レザーに傷がついて落ち込みそうなので慎重に使っています。レザーケースを選ぶ時点で、見た目や質感を重視していることは間違いないはずで外観が損なわれるのでは許されません。ケースも本体同様に綺麗に使う覚悟です。

純正1択ですわ

ダメなところは、信者の「のろけ」とも言える内容ですが、永く付き合うつもりであれば、純正ケース1択です。iPhoneケースは、Apple純正を選ぶことをお勧めします。

記事をシェアする

YouTubeも見てみる!

あわせて読みたい