iPhone XRで使っているケース『elago INNER CORE』のレビューを書いておくよ

増産が中止になったとかで、売れてない論が出ているiPhone XRを使っています。常に在庫切れでないと、売れてないと言われるAppleも大変です。(笑)

今回は使っているケースに触れておきます。
事前にelagoの「INNER CORE」という薄型ケースケースを購入して、準備万端でiPhone XRを向かい入れました。しかし、端末が到着してケースを装着してみると、ケースのツルツルした触り心地が危険な香りを醸し出します。装着感には問題はなくジャストフィットです。

装着しているのか分からないくらいの薄さも気に入りましたが、実際装着して触ってみると、ケースの表面に引っかかりがなくて、何処かで滑って落としそうです。買ったばかりの端末を滑って落とすのは、嫌なので少し対策をしてみました。

対策方法は定番のアレ

対策方法は、このブログでも何度か取り上げたことがある「GRiPhone NARROW」を貼り付けることです。これは、分かりやすく言えば滑り留めに使えるゴムシールです。

私は、一番長いゴムを2本、ケースの裏側に縦に貼り付けました。
このケースを購入した理由は、iPhone XRのデザインを崩さないところでしたが、ケースの裏面に黒い線が2本入るので見た目は悪くなります。本末転倒な対策ですが、落として壊すよりも良いと判断しました。

対策済みのケースをiPhone XRに着けて持つと、ケースの裏側に適度なひっかかりができて持ちやすくなったと感じました。また、持った時に滑って落とすことばかりを考えていましたが、対策前では机の上に置いていても滑って床に落ちる可能性があります。これも回避できそうです。これで考えられるアクシデントに対して対策できたので安心して使えます。この作業をしたのが深夜だったので、次の日はelagoのケースを着けて、出かけようと心に決めてベッドに入りました。

翌日、出かけるためにiPhoneを充電スタンドから持ち上げてみると、手から滑り落ちて15cmほどですが机の上に落としてしまいました。効果が無いことが早々に証明されました。がっくり来たのと外でなくて良かったと、胸をなで下ろしました。

無線充電する時にグリップとして着けたゴムが何か問題を起こす可能性をまったく考えていませんでした。詳しい知識はありませんが、金属ではないので発火につながることはないと思いますが、ゴムなので絶縁しないかとか心配です。

早々とふたつめのケースを購入

と言うことで、elagoのケースはお蔵入りとなり、Apple Store限定で売られている「OtterBox Statement Seriesケース レザーアクセント(iPhone XR)- ルーセントブラック」を使っています。これの使い勝手も追々紹介していきます。





記事をシェアする

あわせて読みたい