CasetifyのiPhone用のクリアケースをレビューするよ

注文していたCasetifyのクリアケースが到着したのでレビューします。
純正クリアケースが発売されたタイミングでしたが、あえて、Casetifyのケースを選んでみました。注文してから6日ほどで手元に到着しました。海外発送なので、少し時間がかかるものと考えていましたが意外に早かったです。

Real Cute Real Tough | Casetify
LA発 海外セレブにも大人気のiPhoneケース・テックアクセサリーブランドです。自分でカスタマイズできる名前入りイニシャルグリッターケースの他に、トレンドをおさえた最新&人気デザインのiPhoneケースを豊富にご用意しています!

買って良かったポイント

このケースの好きなところを2点紹介します。

ひとつめは、リアカメラを取り囲んでいる黒いフレームとこれにあしらわれたCASETIFYロゴです。クリアケースはデザインが単調になりますが、これがあることで単調さがなくなりアクセントになっています。

もうひとつは、ケースの枠に衝撃吸収の素材です。本当に有用かは落とさないと分かりませんが、ブラック、ピンク、ホワイトから選べて、先のリアカメラのフレームと合わせて黒にしています。黒にすることで引き締まるし、良いアクセントになります。

どれも控えなアクセントですが、ふたつのアクセントがあることで、単調なクリアケースになっていないところが気に入っています。

たくさんの工夫

画面をテーブルに向けて置いた時に、画面がテーブルに触れないように、ケースの縁が画面よりも少し高くなっています。また、リアカメラ部分もテーブルには直接当たらなように、ケースの厚みが高さが確保されています。最近はどれも同じような工夫がされていますが当たり前のようなこなしています。

ケースサイトの縁は、裏面と比較すると滑りづらい素材が使われていて、グリップし易くなっています。片側で3mm程度の厚みがあるので、ケースを着けると幅が少し大きくなりますが気になるほどではありません。

落とした時に衝撃を吸収する工夫がされていますが、この類のケースはゴツくで厚みがあるものがほとんどです。以前使っていた「OtterBox Statement Seriesケース レザー」は装着すると着ぶくれのようになり、ふたまわりくらい大きくなります。このケースも大きくはなりますが、先のような着ぶくれ感はなく少し大きくなる程度です。スペック上は、厚みが10.5mmになるとしています。

品質は期待どおり

ケースは、立派な造りの化粧箱に入れて届けられます。ここまでコストをかけなくてもと思いますが、はじめて手にした時のテンションは上がります。

造りが立派なのは化粧箱だけではなく、ボタン位置の造りやスピーカーやコネクタ穴など、どれも位置がずれているようなことはなく丁寧な造りのケースです。最近は、数百円のケースでもこれらの位置がずれていることはないので、¥4,800のケースでは当然とも言えます。

まだ、使い始めて一週間程度なのでクリアケース課題の傷は目立ちません。裏面は、スクラッチ防止処理はされています。使い込んだ結果は、今後のエントリーで取り上げます。





記事をシェアする

あわせて読みたい